Main | May 2004 »

April 2004

April 29, 2004

ニノミヤ

 関東勢力の進出で四苦八苦の関西家電量販店だが、あまり報道されていないのに、やたら縮小傾向なところがある。ニノミヤ(旧・二宮無線)だ。
 かなり前なら林家小染師匠(故人)も広告キャラに起用していたと思う。関西に細かく店舗が有ったはずだ。大阪駅前第4ビル地下にも店舗があった。第4ビルの店舗はかなり前に撤退している。

 でんでんタウンを歩くと、ニノミヤがかなり撤退していることがわかるし、しかも現在進行形だ。同じ関西の上新電機とはかなり様子が違う。京都の電気街の寺町通りの店舗も縮小傾向であるし、他地域も縮小傾向だ。WEBサイトの案内を見ると、店舗統合のお知らせがやたら目につく。

 ニノミヤにもNICE GOINGカードというポイントカードがあるg、ポイントは1%がほとんどで、価格が安いわけでもない。それでは客離れが起きてもしかたないものであるが。
 ただ、他の量販店と違い、残されている商品分野がある。電子工作系の工具,材料,部品の販売だ。上新電機もこの分野は取りやめてしまった。でんでんタウンでも電子工作系のいわゆる「パーツ屋さん」が減っている。実際、名古屋の大須近辺の方がパーツ屋さんが多いのでは(?)と思うぐらいだ。関西では「ものづくり」の意識が低くなったのでは(?)と思われる現象だが、この分野が巻き返せば、でんでんタウンも再び活性化すると思う。
 店に入ると、店員の元気がなさそうにも感じる。空元気でよいから、明るく仕事に打ち込んではいかがだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2004

「めしや丼」と「宮本むなし」

 いずれも店舗数増大中の定食のお店だ。「宮本むなし」も関西に店舗ができ、当方も利用する機会が増えた。
 さて、メニュー内容も甲乙つけがたく、定食ならご飯食べ放題などで、どっちが勝ってるというわけではない。
 ただ、「めしや丼」が間違いなく勝っている部分が1点ある。漬け物も食べ放題であることだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2004

あっちも、こっちも、ドッチーモにあらず。

 当方の使用携帯電話は、SH821iだ。つまりメーカー:シャープ,通信会社:NTTドコモ(関西)のドッチーモである。PHS,携帯電話履歴は、アステル関西(現:ケイ・オプティコム)対応の日本電装製のPHS(機種名忘れ)そして鳥取三洋電機製だったかのアステル対応PHSだが、ブルーウェーブデザインのものだった。ブルーウェーブファンといこともあるが、最初のブルーウェーブデザイン機種(メーカーは異なる)はバイブ機能が無くあきらめた。このときでも明らかにPHS不利・携帯有利であったが、地下街や地下駅では携帯電話不可能だったから十分価値があった。
 だが、山奥などではPHSは不利となると・・・携帯電話の必要性に迫られる。そこで登場したのが、携帯電話とPHSを1台に納めたドッチーモであった。しかし、しばらく待った。購入は2000年1月で、SH811(シャープ製)だったが、そのときすでに携帯電話にはiモードが登場していたのではないだろうか。いずれ、ドッチーモにもiモード対応機種が登場するのは目に見えていたが、割とすぐに登場した。そうしているうち、1年半でボタン操作が急に利かなくなったので、現在所持のSH821iに切り替えたのである。つまりSH821i購入後、3年を迎えようとしている。
 PHSの弱点ならぬ強みは電波が弱いことである。アンテナはこまめに設置しなければならないが、PHS側から発する電波も弱くて済む。その分、電池の保ちも長くなるのだ。心臓ペースメーカー利用者などの対策を考えれば、PHSこそ普及させるべきと考える。

 ところが、第2世代が登場した後、ドコモからドッチーモの新機種が出なくなった。PHS単体の方は新機種がその都度登場するのにである。かといって「ドッチーモをやめる」というアナウンスを聞いた(文面などで見た)覚えがない。やめるにしてもキチンとした対応も必要だろう。もしかして、想像を超える新機種でも開発しているのだろうか?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2004

角煮きのこ丼

 噂の「角煮きのこ丼」を本日食べたばかりです。
 味付けは、甘さ・辛さもほどよく、3種類のきのこも旨く味がしみこんでます。そして、紅ショウガをたっぷり入れても違和感なく・・。
 で、「いくら鮭丼」と「豚丼」「豚キムチ丼」は既に食べ、「カレー丼」は「持ち帰り用カレーソース」だけで”試食”。しかし「マーボー丼」はまだ。あれっ、さっき行った店舗には無かった。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナゴヤドームへ観戦遠征しよう

 明日4月27日から、ブルーウェーブはナゴヤドームでライオンズとの対戦である。
 ということで、大阪、神戸近辺からの遠征プランを考える。

*近鉄利用

 昨年は7月の金・土・日3連戦だったため、2日連続日帰りの人も少なくはなかったはず。もしくは1試合のみ観戦でも前後に近鉄を利用する機会があれば得な可能性があるのは、「遊・レールパス」だ。連続3日間で3800円税込みだが、購入は前日までだ。特急料金を払えば特急列車に乗車できる。

 片道のみや往復までなら「名阪まるとくきっぷ」(特急乗車用、実勢3200円?)か「株主優待乗車券」(実勢1500円まで?)だろうか。株主優待乗車券は特急券部分はなし。特急利用無しで急行や快速急行で乗り通す手もあるが、しんどい(但しトイレは車内にあります)。

 前日の遊・レールパスや株主優待乗車券で特急乗車する場合、ビスタカードプラス(5000円で購入で5500円分利用可、有効期限3ヶ月)が有利な場合がある。しかもアーバンライナーや伊勢志摩ライナーのデラックスシート料金支払いにも対応する。

*JR在来線利用

 大阪~大曽根だと大阪~京都については昼間割引回数券を当てはめる手がある。京都~大曽根は分割購入では安くならないようだ。また、イレギュラーな楽しみとして、特急「しなの」「ひだ」各1往復の大阪直通に乗車する手もある。

*東海道新幹線利用

 昨秋の東海道・山陽新幹線のダイヤ改正時に、大阪(市内)~名古屋(市内)の回数券類は価格的その他で不利になった。自由席の回数券はなくなった。代わりに「ひかり」「こだま」早割きっぷが出たが、実行プランが固まるまではおいそれとは買えない(金券ショップにも出回るが、日付が固定されている)。

*名神ハイウェイバス利用

 渋滞などでの遅延が心配だが、停留所によっては有利な方も出てくるのでは?。運賃も往復4600円と安い。

 問題はナゴヤドーム近く・・・

*JR大曽根駅から歩く

 意外に多い。というのは

*地下鉄ナゴヤドーム前矢田から

 改札口からの地下通路およびデッキが長く感じる。また地下鉄の駅数が多く所要時間がかかるので、JR大曽根駅との間を歩く人が多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2004

鉄道車両とコンセント

 普段の通勤・通学などでもノートパソコンやPDAを持ち歩いている人も多いはず。そうゆう人にとって気になることの1つは、電源の確保だ。

 新幹線などではコンセントのお世話になるのだが、山陽新幹線の700系「ひかりレールスター」では、指定席の最前列にコンセントがあり、座席指定の際も「オフィスシート」と申し出ると指定してくれる。16両編成の700系の場合だと、初期の車両にはコンセントがない(業務用の分はある)が、最近のものは2列,3列側共にその中央にコンセントがある。このため自由席の場合、客室最前部または最後部の座席確保を考える。お子さんたちには人気なのは500系だが、客室のコンセントがないので、この点はガックリくる。
 在来線でもコンセントを備えた車両が増えてきている。JR九州の885系などがそうだ。
 以前は、洗面台のコンセント(シェーバーなど用)しかなく、立ちながら操作したり、本来の洗面台利用客に迷惑をかけてしまう。

 しかし問題点は車両客室内の最前部,最後部のみなので、まだまだ不便である。電力的に問題はあるだろうが、最低でも4席ににつき1口コンセントが欲しいところである。

 (この文も新幹線車内で、入力・送信)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 24, 2004

p1.EXE

 今、ワープロソフトというと、圧倒的に「Word」で、後は「一太郎」であろう(私は「一太郎」派)。

 かつて、「パソコンといえば、NECのPC-9800シリーズ」だった時期は「一太郎」優勢で他には「松」などが乱立していたと思う。1988年に登場したのがデービーソフトの「p1.EXE」(ピーワン・エグゼ)だ。少し後で、線画図形機能を組み込んだ「p1.EXEplus」が販売され、別売りの組み込み機能として「数学記号plus」「表計算plus」などが販売された。
 今なら線画図形機能は大抵のワープロソフトに搭載されているが、当時としては画期的であった。画面表示や印刷ではギザギザの線になるものの直線,曲線,矢印,フローチャートなどが自在に描け、説得力のある文書が作成できたものである。24ドットの明朝体,ゴシック体を収めたフォントディスクの設定があり、文章にメリハリをつけることができた。また数学記号plusのおかげできわめて複雑な数式も作成できるようになり、理工系の技術者や教員,学生はかなり重宝したと思う。
 ARUGA(アルガ)と名を変えVer.2,Ver.3とバージョンUPし、その後Windows3.1対応の「p1.publisher」(ピーワン・パブリッシャー)まで登場したが、そこまでだった。だが完全にWindows全盛となっていた1999年頃でも私(既にウィンもマックも所有)は「p1.EXE」も使用していたのである(正規ユーザー)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 21, 2004

谷マー坊の陰で・・・・

 バファローズが広告キャラに起用した、新・中学生のBuファン・谷マー坊。

 しかし、ごまかされてはいけません。レッドdeハッスル・ギャルズの4名は何処へ行ったんでしょう。
 けっこう可愛かったんですが?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソースネクストの低価格戦略

 数年前からスゴイとは思っていたが、ココ1年ぐらい特に物凄くなったソースネクストの低価格戦略。
 以前、開発元自身が販売元の場合で、それなりの価格をしていたのが、1本2079円税込みだ。
 但し、この低価格でも、購入するのも気をつけなければならない。意外と早い時期に「2本組で3129円税込み」などで販売されいることが割と多いからだ。そして、正月は福袋5000円税別、10000円税別(2005年以降も存続すれば5250円税込み,10500円税込みとなるのでしょうか?)で超割安で販売される。これは袋じゃなくて箱ですから「福箱」と呼ぶべきしょうが、販売店舗によっては少し値引きされているので、店舗ごとのチェックも必要です。
 本当は「待つ」より、「**社から販売されていた○○というソフトを、ソースネクストで廉価販売してくれー!」ってリクエストするのが賢いのかも?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピタパで、ぴたぱー!?

 JR東日本の「Suica」やJR西日本の「ICOCA」の料金前払い式ICカードより進んだ、スルッとKANSAI加盟各社局の料金後払い式ICカードシステムの「Pitapa!」が今夏から運用開始だ(まず阪急電鉄,京阪電気鉄道,能勢電鉄)。後払いの強みで、利用頻度に応じて割引が適用されるが、その率は1割を超える程度のようだ。ただ昼間割引回数券や土曜休日回数券をかなり活用している人には魅力が少なそうだ。あとは、沿線店舗などでの利用割引ぐらいか。

 で、昼間割引回数券や土曜休日回数券の割引が適用されるようになれば、利用者はより確実に増えるだろう。ただし、複雑なプログラムで開発は難しいだろうし、月ごとに再計算する必要があろう。でも、何とか実現してほしいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2004

肝心なことが改善されない地下鉄谷町線

 正式名称が2号線の大阪市交通局の地下鉄谷町線(2番目にできた路線ではないが)、天満橋駅や東梅田駅の改良工事(?)などは済んだが、本当に改善して欲しいことが行われていない。そのうちの2つを取りあげる。

*不便な東梅田駅

 本来の計画では御堂筋線の梅田駅に谷町線も乗り入れて、その北側で天神橋筋六丁目方面へ向かうはずだったが、諸般の事情により現在の路線形態になった。このため、他の路線からの乗り換えは不便で、とりわけ阪急梅田駅からの乗り換えは10分は軽くかかってしまう。もっと不便なのは、北改札口は降車専用になっているので乗車の場合は中央改札口まで行く必要がある。では、降車客のほとんどが北改札口から出場するわけではなく、中央改札口利用の降車客も結構多い。とりわけ大日方面行きホーム側は、すぐ西隣に御堂筋線が通っているため、改札口や階段などの設備が改良工事終了後も狭い。乗車するため階段をおりようとしても降車客の流れに邪魔をされる。本来なら、北改札口(中央改札口と共に大日方面と八尾南方面の2つにわかれている。南改札口は1つになっている)も乗車専用部分を設けるのが当然である。

 一番不便なのは、北改札口の八尾南方面側が何と19時で終了してしまうことだ。19時以降も大日方面からの乗客で東梅田駅で降車する客は結構多い。19時以降は改札口で入場,出場の流れがぶつかり時間がかかってしまう。他の事業者なら係員無しで改札機を使用している改札口を設定しているところも多い。わざわざ乗客に不便をかけているのが不思議というより怪奇である。

*都島~文の里区間運転終了時刻の早さ
 
 早朝,深夜,ラッシュ時を除いて大日~八尾南が10分ヘッド、さらに都島~文の里の区間運転が10分ヘッドで入る。が、都島発は21時台前半で終了し、ここから大日検車上などへの入庫が多くなる(逆にいうと入庫のために都島→大日は逆に一時的に運転本数が多くなる)。これがくせ者で、沿線に夜間の授業がある高校や大学もある大日~都島から東梅田方面への乗客は21時台後半も意外に多い。元々需要のある東梅田→天王寺も10分ヘッドになってしまう。運転本数が減ると言うことは、駆け込み乗車を増やすことになっており、東梅田駅での降車客は、駆け込み乗車の客にぶつかられそうになり、かなり怖い思いをする。前述の北改札口営業終了の異常な早さと共に改善して欲しい点だ。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2004

大阪駅改良工事で、本当に必要な改良は?

 現在のホームの上にデッキを設置、その上にドームを設置するなどという大阪駅改良工事が発表され、既に工事が始まった。個人的には疑問が多い。

*現在の10,11番線を廃止し、北側の建物部分と合わせてビルを建てる。
 北浜では分が悪い三越大阪店が移転予定。旧・大阪鉄道管理局用地取得で、ヨドバシカメラに敗れたための次の手であるのは明白。但し、高層建築物を建ててしまうと、肝心の鉄道線路を拡張したいときに障害となってしまう。
 昼間などの使用状況では2つ番線を減らしても対処できそうと思いこんでいる(?)感じがする(寝台列車など早めに入線させたい場合があるので番線はうかつに減らせないはず)。現に平日ラッシュ時の新快速の発着を3番線などに振ることで、5,6番線などのホームに乗客があふれるのをやっとこさしのいでいる感じがする。
 大阪外環状線や、なにわ筋線ができれば新大阪駅方面利用者はシフトするからとの考えもあってのことだろうが、現在工事中の大阪外環状線は新大阪側の東海道本線平行部分で反対運動(「開かずの踏切」がひどくなるのが理由)のため、開業が遅れるのが確実だし、なにわ筋線はいつ工事が本決まりになるかわからない。よしんば開業しても大阪駅近辺が買い物その他で便利なので大阪駅利用者は減らないだろう。実際、JR東西線の開通でも北新地駅利用へあまりシフトしていない。だから2つも番線を減らすのは無謀どころか、逆に増やす必要があるかもしれない。

*本当に必要なのはホームの分離
 該当のホームは環状線ホーム。JR東西線開通で乗客のシフトが思ったより少なかった上に、USJの開業や関空・紀州路快速の登場で、ラッシュ時以外でも困ったことになった。天王寺駅での阪和線始終着列車のとの乗り換えは階段の上り下りがあるため、直通列車である関空快速/紀州路快速を利用するための待ち列が生じ、それがホーム上の利用客の流れを阻害している。USJの開業がさらに拍車をかけ、内回りの待ち列が外回りの利用客の邪魔になったり(その正反対も)する現象はラッシュ時以外でも起きていることになる。できれば南側に環状線内回り用のホームを設置したいところだが、1983年竣工の高層ビル・アクティ大阪が邪魔になっている。わずかながら隙間(?)があるので、工夫すればホーム設置は可能かもしれない。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2004

本日は、ジョニー黒木先発ってことで。

 東京ドームのファイターズ対マリーンズは、注目ですね。
 あの黒木が先発で久々で一軍登板です。

 意地悪(?)も交えて試合展開推測を何パターンか。

 * あっさり好投してチームの連敗をSTOP。
 * あっさりKOされる。
 * 好投してチームの連敗をSTOPかと思われた9回裏に同点HR(3ランか2ラン)を打たれて交代。打つのはセギノールあたり?。

 で、1998年7月7日の伝説の場面(GS神戸)は、生で見ていました。プリアムが3ランを打ったとき、私は右拳をあげてました。

 本当の見所は、マリーンズサポーターがどれだけレフトスタンドに集結するかというところですが・・。

| | TrackBack (0)

April 16, 2004

マック鈴木

 先日、先発失格で中継ぎにされたマック鈴木。本日、大阪ドームでのバファローズ戦で7回裏から登板したものの、9回裏に礒部に2ランを打たれて敗戦投手。
 キャンプ・オープン戦でフォームを変え、NEWマックとして期待されたが、公式戦に入ると、昨年の悪い時期の状態に戻った感じである。
 どうも「注意された点をすぐ忘れる」とかの指摘もあるようで、精神面の問題があろう。ただ精神論(根性論)で片づけるのではなく、食事面(栄養バランス面)に問題があるのでないかと推測する。もう一つは、体格を見ると、足が長い。裏返すとバランスが悪い方向に働き、コントロールに影響しているのではと思う。短距離主体の走り込みを積み重ねて、下半身の強化が必要であろう。

 苦言を呈すのも、まだまだ期待されているのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2004

後藤光尊、カズオ越えの道

 先日、BWの後藤光尊内野手の出場選手登録が抹消となった。あまりにも低打率(1割を切っている)では我慢して使い続けるつもりだった伊原監督も決断せざるを得なかったでしょう。現・メッツの松井を越えられるのは彼だけのはずだが。

 で、いかに期待されているかの話などを。

 1年目の2002年、春季キャンプ途中で一軍に昇格。実際、試合でも先発出場が多かった。私に強烈な印象を植え付けたのは、ナゴヤドームでの対ドラゴンズのオープン戦。ドラゴンズミュージアムに山田久志監督(当時)のコーナーができ、そのセレモニーがあるということで青春18きっぷ利用で観戦遠征となったわけ。今中慎二投手引退登板が試合直前にあった試合だが、9回表ドラゴンズに大量リードを許したところで登場した後藤内野手は当時のドラゴンズ守護神・ギャラードからHRを放ったのだ。そして公式戦でもDHで開幕スタメンの栄誉を得る。
 4月に入って、ブルーウェーブの直営店・B-WAVEで石毛監督(当時)のトークショーがあったが、その中で期待の選手として名が出てきたのは、後藤。チーム一足が速いなどのことがでてきた。公式戦でもHRを放っていたが、肘の手術で一軍からはなれてしまう。もっとも秋にはサーパスで出場していたが。

 2年目、オープン戦および開幕時では一軍ではなかった。鳴尾浜で対タイガース戦を観たときには、どうも送球が肘を気にしている様子が残っていた。だが、早く一軍に昇格すると、レギュラーと言っていいほど出場するようになり、秋には対バファローズ戦で、サヨナラヒットを放ち、そしてココで負けても引き分けてもホークスの優勝決定そして胴上げを生で見てしまうところ(私自身も)で、ホークス・岡本投手からサヨナラHRを打ったのは記憶に新しい。

 さて社会人時代の背番号1になった今年2004年。打撃改造を河村コーチと共に取り組む。キャンプ終盤からオープン戦にかけてのことだから、不安に感じるファンも少なくなかっただろう。
 3月に、B-WAVEにて伊原監督のトークショーがあったが、やはり期待の選手の中に入っていた。もしかして後藤ほか期待できる選手ががいるから、就任したのかも(?)と私は感じていたのだが。ただ苦言として、「後藤と平野には、当たり前にアウトにできる打球を当たり前にアウトにして欲しい」と、つまり横に飛ぶ処理の難しい打球をアウトにするのに、正面の当たりをエラーしてしまうのだ。
 開幕。福岡ドームの初戦からしばらく生で観たが、良い当たりが出ず、泳いだ形の空振りが目立つ。オープン戦最終の広島市民球場では2HRをこれまた生で観たが、その調子が持続できなかったようだ。加藤英司サーパス監督と藤井コーチは後藤をいかに本来の姿に戻せるか。

 あのパンチ力や足の速さは相手チームにとって驚異だ。早く戻って来い。

 

| | Comments (0)

April 14, 2004

何を持ち歩く?

 以前はPDA(古くはシャープの電子手帳そしてZaurusときて東芝のGenio)だったが、インターネット閲覧や書き込みの都合で、ノートパソコンに切り替わった。富士通FMV-BIBLO LOOX T60Dである。コンボドライブ内蔵は重宝だが、この手の機種(他メーカー含む)は重いのである。バッテリーがズシッと堪えるのだ(バッテリー以外は結構軽い)。
 ということで、ミニノートとなるが、中古はバッテリー消耗度の点で不安かつ意外と安価でない。新品も当然安価でない。もしもの時の外付けドライブも込みで金額を考えると頭を抱えてしまう(Victorさん、安くなりません?)。
 で、衝撃的に軽いのは松下のレッツノート。試しで持ち上げてくださいと言われて、実際に持ってみると「軽い!」の一言なのだ。実際に店頭での売れ行きがよく、B5のドライブ内蔵タイプは完売表示されているのだ。A4の軽いが面の広さからすると、持ち運びには「?」なんですね。

| | Comments (0)

Main | May 2004 »