« p1.EXE | Main | ナゴヤドームへ観戦遠征しよう »

April 25, 2004

鉄道車両とコンセント

 普段の通勤・通学などでもノートパソコンやPDAを持ち歩いている人も多いはず。そうゆう人にとって気になることの1つは、電源の確保だ。

 新幹線などではコンセントのお世話になるのだが、山陽新幹線の700系「ひかりレールスター」では、指定席の最前列にコンセントがあり、座席指定の際も「オフィスシート」と申し出ると指定してくれる。16両編成の700系の場合だと、初期の車両にはコンセントがない(業務用の分はある)が、最近のものは2列,3列側共にその中央にコンセントがある。このため自由席の場合、客室最前部または最後部の座席確保を考える。お子さんたちには人気なのは500系だが、客室のコンセントがないので、この点はガックリくる。
 在来線でもコンセントを備えた車両が増えてきている。JR九州の885系などがそうだ。
 以前は、洗面台のコンセント(シェーバーなど用)しかなく、立ちながら操作したり、本来の洗面台利用客に迷惑をかけてしまう。

 しかし問題点は車両客室内の最前部,最後部のみなので、まだまだ不便である。電力的に問題はあるだろうが、最低でも4席ににつき1口コンセントが欲しいところである。

 (この文も新幹線車内で、入力・送信)

|

« p1.EXE | Main | ナゴヤドームへ観戦遠征しよう »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/490266

Listed below are links to weblogs that reference 鉄道車両とコンセント:

» オフィスシート [かきなぐりプレス]
ひかりレールスターでパソコンの使えるシートのことを窓口で「ビジネスシート下さい」というと必ずキョトンとした顔をされる。飛行機のビジネスクラスのことが頭の中にあるのだろう。一度だけビジネスクラスでアメリカ・ラスベガスへ招待してもらったことがある。 体を包み込むようなシートのサイズ、足が目一杯伸ばせる前の座席との間隔、シートにはDVDモニターが付く。長旅を疲れさせず、飽きさせない配慮はいうまでもないことだが、アルコールなどのドリンク類が飲み放題である。 夜、成田を発ったのだが寝つけぬ頭をシャ... [Read More]

Tracked on May 28, 2005 at 08:33

« p1.EXE | Main | ナゴヤドームへ観戦遠征しよう »