« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

August 24, 2004

牛鉄鍋膳

 昨日、吉野家の新メニュー・牛鉄鍋膳を食べてみた(すべての吉野家店舗ではない)。卵の扱いは、とじ卵か生卵かをえらべる。

 オーストラリア産の牛肉が入っており、硬くなっている。確かに、牛丼には向かず、すき焼き風が限度だろう。他の具は豆腐,三つ葉,うどんだっただろうか。とじ卵を選択したので、もう1回食べる機会があれば、生卵を選択してみよう。

 ライスは別途お椀にもってあります。

 でも、このメニューのために鉄鍋を用意したんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ファンタ ホワイトストロベリー

 過去に何回かストロベリー系は登場しているのですが、定着できないのか元々期間限定ばかりなのか未確認ですが、レギュラー商品になっていませんね。駅の自販機で、ペット缶を購入して飲んだだけなので、色は確認できず味はクリーミーっぽく(?)細工していたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2004

中畑代行ジャパン、オーストラリアに敗れる

    オ9
    日4


 そうか、ブルーウェーブがファイターズに9対4で勝ったのか(違)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2004

合併話は、初めから”芝居”なのか?

 オリックスブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの”合併調印”で出てきてる出資規模は、4:1である。その通りの割合でないにしても、いくらかは大阪ドームで主催試合を組むという意味合いである。

 しかし、大阪ドームに「興行権」を買えという報道がある。大赤字の大阪ドームは引き受けられない無茶な要求である。よく考えると、受け入れられない要求を押し通すはずもないともいえる。つまり元々大阪ドームでの主催試合は組まないとも解釈できる。となると、前述の出資比率の部分と矛盾が生じてくる。

 どうも合併話自体が”芝居”のようにも見える。1リーグ化主導の2人のオーナー(片方は不当なスカウト活動の”引責辞任”但し”院政”でのさばる説も根強い、そして残り1名も総会屋利益供与事件での責任はウヤムヤ)に従ったフリなのかもしれない。

 合併話は、「日本旅行と近畿日本ツーリスト」と同じく取り消しになって欲しいものである。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2004

ディスクピア梅田店9月5日で閉店

 2,3日前に、お知らせはがきが郵送されて来ていたのだが、上新電機のディスクピア梅田店が、9月5日限りで閉店である(上新電機のサイトに掲載は本日8月6日から)。

 やはりヨドバシカメラマルチメディア梅田には、太刀打ちできなかったとも思えるが、微妙な地の利の悪さが一因だろう。梅田近辺での乗り換えついでにとういうには寄りにくい感じではある(とは言っても、人通りは十分多いが)。もう1つは、ヨドバシカメラやビックカメラは定価の10%値引き後の価格から10%ポイント還元のため、実質18%値引きなのに対し、定価から単にポイント10%還元であるからだ。もっとも、新登場の一部で15%値引きや1個につき200円分値引き券を時折発行しているが。

 このディスクピア梅田店の店舗(プロミスビルに入居)はかつては、パソコン専門の「J&P」,カメラの「Xcit」(<まだ関東以外に進出していなかったヨドバシカメラと業務提携して始めた)とで計4フロアだったのが、ディスクピア拡張という名目で、まず「J&P」が、そののち「Xcit」が撤退(このころにはヨドバシカメラとの提携も解消していたはず)して、6フロアにも拡張し現在の形になったはずだ。

 不安点はある。ピットワン阪急三番街店では品揃えが少なめで、中古コーナーがないこと。ただピットワン阪急三番街店もヨドバシカメラに押されて客は少なめである。以前は、金曜の夕方になると当時のディスクピア阪急三番街店のレジには待ち列が長かったのである。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 03, 2004

NPBは16球団に拡張すべき

 昨日は、大阪ドームでのイースタンリーグ:読売ジャイアンツ対千葉ロッテマリーンズの試合を観戦した。7月にはフレッシュオールスターゲームを観戦した。サーパス神戸を応援してウェスタンリーグの試合も観る。

 球団によっては、他球団の主力を獲得しすぎて、その結果、有望な若手(若手に限らないが)が、いわゆる”飼い殺し”状態になってしまっている。それ以外でも”飼い殺し”が生じてしまう場合も多い。「球団数削減→その代わり三軍制」を唱える人物がいるが、10×3=30チーム分との勘定であろうが、それなら16球団にふやせば一・二軍で32チーム分になる。現に、企業などの野球部が減少して選手の受け皿が必要だ。少子化が進んでいるにしても選手人口は十分多い。受け皿を減らしてしまうと(今でも少ない)、それこそ他のスポーツへ選手もファンも逃げてしまうだろう。

 さて、フランチャイズはどこがよいだろうか。仙台,新潟,四国(高松か松山)は文句なしだろう。あとは金沢(または富山)とか静岡も考えられるだろう。Jリーグと競合いや協力していくのも一手であろう。

 大前提は、高額年俸の抑制と年金制度の充実、放映権料の均等配分化などである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »