« リニモに乗車してみた | Main | 「龍太郎(りょうたろう)」 »

March 22, 2005

北急~地下鉄御堂筋線、駅のナンバー表示の謎

 各地の地下鉄が駅にナンバー(アルファベット1文字+二桁の数字)をつけて、駅名が確認しづらい海外からの旅行客に不案内になりにくいようにしている。

 複数の路線の駅は無理に1つにまとめず路線ごとのナンバーを振っている。

 大阪市の地下鉄御堂筋線と北大阪急行電鉄は相互乗り入れしていることもあり、一体でナンバーが振られているが、北大阪急行の千里中央の「M08」からはじまり、順に南側へ番号が増え、御堂筋線の中百舌鳥が「M30」となっている。

 「M01」から「M07」までは、どこへ行ったのだろうか。

 以前から構想がありながらなかなか実現しない北側(箕面市方面)への延長が関係しているようだ。

 7つ空いているということは、箕面市のかなり北まで延びる可能性を考慮しているのであろう。「M07」駅は、新船場繊維団地付近、「M06」は、箕面市萱野に造られた「ヴィソラ」で、駅名は既にバス停の名称でも使われている「かやの中央」になるのであろうか。

 と思ったら一律各路線とも「*11」から始まることが由来に気づいたが、それでも謎というか対処に困るケースが考えられる。中央線は大阪港駅が「C11」だがコスモスクエアは減算で「C10」となっている。だが、舞洲などを通って桜島への延長、構想か何かでは梅田方面もあるとか。減算だとナンバーがマイナスになるかもしれない。このケースは他路線の延長の場合にも考えられる。

|

« リニモに乗車してみた | Main | 「龍太郎(りょうたろう)」 »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/3390746

Listed below are links to weblogs that reference 北急~地下鉄御堂筋線、駅のナンバー表示の謎:

« リニモに乗車してみた | Main | 「龍太郎(りょうたろう)」 »