« 「極付弁当」を食す | Main | 当ブログ1周年経過してました »

April 27, 2005

やはり大阪駅新北ビルはとりやめるべき

 4月20日の社長会見で、詳しいデザインが出てきた。三越やシネマプレックスが入る予定。

 しかし関西での顧客獲得のパイはそれほど大きくない。景気回復の起爆剤としてUSJが期待されたが、他の遊園地の客を減らしただけで、関西の景気をかえって悪くした例があるように、他の百貨店などの足を引っ張るだけのものか、もしくは期待はずれの大赤字にもなりかねない。すでに計画中のモノで関西の百貨店は過剰では?とも思われている。

 発表して1週間しないうちに、福知山線の脱線事故が発生した。補償・賠償問題はかなりの金額にものぼるのは必至だ。その状況で、新北ビルの計画を続行するのは無理というか非難をあびるだろう。実際、JR西日本の株価も下がってきている。運行面の安全対策はもとより、混雑する大阪環状線のホームは内回りが1・2番線両方、外回りが3・4番線を使うようにして、乗降客を分離しないと、現行のままだとダイヤが乱れたときパニックが起きそうな気がする。

|

« 「極付弁当」を食す | Main | 当ブログ1周年経過してました »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/3874320

Listed below are links to weblogs that reference やはり大阪駅新北ビルはとりやめるべき:

» 大阪駅の新北ビル [MASARUのブログ]
大阪駅の新北ビル構想。 今の大阪駅の北側にある北ビルと北陸線のホーム(2〜3年前、大阪から石川へ戻るときによく利用しました)をつぶして、新たに駅ビルを拵えるそうで、その中には北浜にある三越が入るそうな。 でも正直梅田に4つも百貨店が必要なんやろか? ヨ.... [Read More]

Tracked on April 27, 2005 at 01:14

« 「極付弁当」を食す | Main | 当ブログ1周年経過してました »