« 20050927、ファイターズ島田一輝外野手引退表明 | Main | 11月にオリンパスE-500登場 »

September 28, 2005

村上ファンド、阪神電気鉄道筆頭株主になった真の目的を邪推してみよう

 投資目的では、意味がなさそう。一息ついた西梅田の再開発も本当にうまくゆくかどうかはこれからですし。
 
 少しずつ建て替える甲子園球場について、「完全な建て替え工事に切替→その間、大阪ドームの使用」要求とか、相手チーム本拠地の地域のみならずキャンプ地での評判が極めて悪い、一部のタイガースファンに対する抜本的な対策要求(ほっておくとタイガースそして阪神本体の足を引っ張る)とか、場合によってはタイガースの身売りの要求が出るかも?。本命はタイガースの四国移転か?。

|

« 20050927、ファイターズ島田一輝外野手引退表明 | Main | 11月にオリンパスE-500登場 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

「NPB」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/6153154

Listed below are links to weblogs that reference 村上ファンド、阪神電気鉄道筆頭株主になった真の目的を邪推してみよう:

« 20050927、ファイターズ島田一輝外野手引退表明 | Main | 11月にオリンパスE-500登場 »