« 白身魚の木の子あんかけ定食@宮本むなし を食す | Main | コ・アップガラナを長崎で購入して飲む »

November 21, 2005

20051106北海道ちほく鉄道に乗車する

 前日の22時に札幌からオホーツク9号に乗り込む。が、指定席車両の扉から乗り込んで自由席の座席を確保するけしからんグループがいるのは、いただけない。旭川までの「終列車」の役割もある。
 旭川から時期的にガラガラ。北見には5時過ぎに着。もっと寒いかと思いきやたまたま全国的に温い状態だったようだ。セブン・イレブンで少しばかりの食糧を購入して、乗り込む。駅にある「北海道ちほく鉄道」用の自動券売機は新札(つまり2004年秋以降発行)の千円札は受け付けない。対応処置のコストも惜しいのかと思われる。従って、JRの窓口でマルス(?)発行。
 置戸で乗り換えだが、アッという間。乗り換え後は、銀河鉄道999模様の2両の内の片方。北見側の大きな町は陸別ぐらいだろうか。足寄に向かう客の流れもあり、高校球児の姿も。廃線後は、2つに分割されてバス路線になるとのことだが、長時間だしトイレも必要だろう。実際、本当は廃止を撤回し、札幌から直通特急が必要なところ。石勝線・根室本線経由で足寄,函館本線・石北本線経由で陸別までは運転したいところだが、北見,池田両駅共にスイッチバック形態になるのが難点。283系気動車の2両編成版を製造・運転するプランが浮上しなかったのかな?。
 池田着後、2時間以上の乗車も、まだ8時台。ただ快速が帯広まで直通するので、池田で撮影することに。その間に銀河鉄道999模様の車両のもう一方の車両を撮影。で、快速は池田に到着するも滝川行きに併結して帯広まで向かうことを確認。実際は池田到着後、一旦釧路側の引き揚げ線に行き、滝川行きのJR列車が到着して、後ろに繋げるのであった。以前生で観たのでは、名鉄の「北アルプス」が美濃太田に到着後長良川鉄道の線路にバックして、その間に到着した「ひだ」の後ろに連結していたのと似ている。
 連結後に発車したところ撮影して、あとは「スーパーおおぞら」で南千歳へ向かう。帯広駅で連結解放されていたのを確認した。

|

« 白身魚の木の子あんかけ定食@宮本むなし を食す | Main | コ・アップガラナを長崎で購入して飲む »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/7238800

Listed below are links to weblogs that reference 20051106北海道ちほく鉄道に乗車する:

« 白身魚の木の子あんかけ定食@宮本むなし を食す | Main | コ・アップガラナを長崎で購入して飲む »