« ASAHIパソコン2月28日発売の3月15日号限りで休刊 | Main | 第2ブログ、8日より期間限定でデザインチェンジされてしまうであります »

February 06, 2006

福岡天神の「一蘭」でラーメンを食べる

 元日に博多でチャレンジしかけたが、天神で食べることに。

 ホンマ狭いビルの隙間を通って一覧の看板。060205ichirantenjinkamban

 外の券売機でラーメン本体と半熟卵,キクラゲのトッピングを購入。2人ほど待っていたが、当方もそんなに待つことなく中に入る。が、その前に味の濃さの設定を記入する用紙が手渡される。
060205ichirankinyuuyoushi
 客が顔を合わせるスタッフは、その役割の1名ぐらいである。席は、図書館などにある自習室みたいにテーブルが1人分ずつ区切られている。客が前を見ると店の造りの理由を書いた赤い暖簾がある。これで調理スタッフとは顔を合わせるのは基本的にはない。

060205ichirannorensetsumei

 半熟卵は、器はもちろんのこと、小袋の塩そして「上手なカラのむき方」という説明書までついている。
060205ichiranhanjukutamago

 ラーメンの中央には秘伝のタレが入っているのが、沈み気味。唐辛子ベースのようだ。
060205ichiranraamen

 最後まで食べると(飲むと)、どんぶりの底に文字が。
060205ichirandonburisoko

|

« ASAHIパソコン2月28日発売の3月15日号限りで休刊 | Main | 第2ブログ、8日より期間限定でデザインチェンジされてしまうであります »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/8535763

Listed below are links to weblogs that reference 福岡天神の「一蘭」でラーメンを食べる:

« ASAHIパソコン2月28日発売の3月15日号限りで休刊 | Main | 第2ブログ、8日より期間限定でデザインチェンジされてしまうであります »