« プロアトラスSV2/X3明日発売 | Main | 20060714ニノミヤ日本橋本店へ行ってみた »

July 06, 2006

王監督の復帰を願う一辺倒の報道は問題あり

 福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が、胃にできた腫瘍の摘出のため東京都内のため入院。

 だが、本質的問題は、球界が指導者育成を怠ってきたことにあると思う。仰木彬さんの監督復帰,1年で辞任、シニアアドバイザー就任、逝去(但し監督就任で逆に延命したとの説もある)はもちろんのこと、ゴールデンイーグルス監督に野村克也さんが就任しているなど高齢化が酷い。

 いずれにしても復帰は無茶である。森脇浩司代行を正式に監督就任させ、一軍の内野守備走塁コーチは、二軍から勝呂壽統コーチを移動させ、さらにその穴埋めは小川史編成担当か、湯上谷宏(本名表記)育成担当が就任すればよい。

 いつまでも、ON頼みはいけないのである。 

|

« プロアトラスSV2/X3明日発売 | Main | 20060714ニノミヤ日本橋本店へ行ってみた »

「NPB」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/10818042

Listed below are links to weblogs that reference 王監督の復帰を願う一辺倒の報道は問題あり:

» 福岡ソフトバンクホークス 王監督 [ソフトバンク ホークスが優勝するまで続けるブログ]
福岡ソフトバンクホークス 王監督ですが今日から1週間かけて精密検査を行い、摘出手術は再来週に行われるようです。 [Read More]

Tracked on July 07, 2006 at 11:23

« プロアトラスSV2/X3明日発売 | Main | 20060714ニノミヤ日本橋本店へ行ってみた »