« 20060720つまり明日ヨドバシ梅田のゲーム・おもちゃ・自転車がB2Fへ | Main | 20060720ヨドバシ梅田の地下2階へ行く »

July 20, 2006

近鉄・大阪阿部野橋駅の乗降ホーム設定の不備

 5線あって各線を挟む形だから、乗車ホームと降車ホームが区別されるはずだ。が、一番南側の線が特急発着線でもあるので、急行乗車は反対側に設定している。同じ線路を南側が6番(特急),北側が5番(急行など)となるが5番ホームは4番線到着の降車ホームでもあるからややこしくなる。1、2番線はすっきり乗降ホームが分かれ、かつ東改札口へのエスカレータも上り下りがはっきり分かれている。でもコチラは乗降客の少ない普通列車が主体。

 問題は5番乗車&4番降車ホーム,3番・4番乗車ホームだ。本来なら、エスカレータをそれぞれ下り,上りに固定するはずなのだが、麻のラッシュ時は下車客が多いのでどちらも下り運転にしてしまい、夕方はどちらも上り運転にしてしまう。たまらないのが、朝に大阪阿部野橋で準急・急行に乗車し、夕方に下車する客だ。階段は逆方向の客に邪魔され進みにくい。エスカレータは使えないの二重苦になっている。南大阪線の沿線には大学も増え、企業の工場も増えているので、反対方向の乗客も意外に多い。エスカレータの変則運転をやめて、朝、準急や急行に乗車する客がスムーズに電車に乗り込めるようにすべきだろう。現状は朝の降車客が一方的に反対側の客のことを配慮せず進んでいる。これは東口改札外の流れにも言える。

|

« 20060720つまり明日ヨドバシ梅田のゲーム・おもちゃ・自転車がB2Fへ | Main | 20060720ヨドバシ梅田の地下2階へ行く »

「鉄道」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/11032919

Listed below are links to weblogs that reference 近鉄・大阪阿部野橋駅の乗降ホーム設定の不備:

« 20060720つまり明日ヨドバシ梅田のゲーム・おもちゃ・自転車がB2Fへ | Main | 20060720ヨドバシ梅田の地下2階へ行く »