« 20061114「かいだ屋」へ、うなぎを食べに行く | Main | ウルトラマンメビウス34話には「乱入なし」 »

November 25, 2006

中村紀洋の歩むべき道とは??

 NPB復帰の際は、2年契約と思われていたが、単年契約だった。

 だが、契約更改で温情を求めているのは、他の選手とのバランスを考えるとおかしい。むしろ、他の選手からは、中村紀洋,清原への特別扱い廃止が要求されて当然であろう。

 2006年シーズン前の予想、それも旧Buファンの予想では、好成績が期待できないというのがあった。それがズバリ当たったのである。
 中村紀洋を観ると、とある選手(だった人)を思い出させる。タイガースに在籍した掛布雅之さんだ。1986年シーズンにドラゴンズの斉藤学投手(ホークス一軍投手コーチから今オフ、二軍育成担当に配置替え)から四球を受けて骨折して以来、精彩を欠き、結局1988年限りで引退した。そう、年齢差通りに掛布さんの18年あとを追っているようだ。1988年当時タイガース一軍コーチだった中村勝広さんが2006年のオリックス・バファローズ監督であったが、もしかしてダブらせて観ていたのかも。

 さて、これからの選択肢は

1 大幅減俸でも、依然高水準の年俸で現役続行

2 年俸500万円で再スタート

3 解説者

4 球団営業担当

 4をあげたのは、試合中にあった「BsPOPクイズ」が中村紀洋の提案だったからだ。ライオンズの高木大成のように名前を売って営業する手もある。もっともその手はオリックスが、羽田耕一さんで先んじているが。

|

« 20061114「かいだ屋」へ、うなぎを食べに行く | Main | ウルトラマンメビウス34話には「乱入なし」 »

「BW→Bs」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/12814814

Listed below are links to weblogs that reference 中村紀洋の歩むべき道とは??:

» きっと春が来る [ふらっとblog]
 久しぶりにノリのことを書きます。  あくまでも、ノリのことが気になる私は、彼の佳きパートナーから発信されるブログ情報を頼りにしています。水曜日のブログによると、ハードなトレーニングを続けている様子。ブログの文面をもとにイメージしながら応援しています。{/face_ase2/}  来季に向けて、監督が先日希望していたことに添う形で、彼が新たな打撃スタイルを追おうとしているのか、それとも、それを拒み�... [Read More]

Tracked on November 26, 2006 at 01:55

« 20061114「かいだ屋」へ、うなぎを食べに行く | Main | ウルトラマンメビウス34話には「乱入なし」 »