« 阪急電鉄9000系のプラレールが5月に発売予定 | Main | 2007年春、スルッとKANSAIカードラリーに初挑戦 »

April 20, 2007

「エリザベート」ウィーン版を観にいく

 宝塚歌劇版5回(各組1回ずつ)と東宝版2回の観劇歴がある。一路真輝さんについては、雪組でのトート役と東宝版でのエリザベート役とを両方の場合をみている。

 電動円盤(?)上に乗って移動など東宝版と比べても違いがある。また可動橋の片割れが水平状態と坂道状態と両方がある。坂道状態の方で、かつての「ダイビングクイズ」(→ウィキペディアの記事)の可動滑り台を思い出した。

 日本語訳の字幕は舞台両袖に縦2行の白文字表示だ。ルキーニの台詞のくり返し部分で、訳文が表示されない。故障ではなく、、何と日本語で台詞、しかも「清く正しくうつくしく」が入っていたのには受けた。

|

« 阪急電鉄9000系のプラレールが5月に発売予定 | Main | 2007年春、スルッとKANSAIカードラリーに初挑戦 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/14785459

Listed below are links to weblogs that reference 「エリザベート」ウィーン版を観にいく:

« 阪急電鉄9000系のプラレールが5月に発売予定 | Main | 2007年春、スルッとKANSAIカードラリーに初挑戦 »