« 水口っつあん、ご苦労様。いや、これからが腕の見せ所。 | Main | 20071008宝塚歌劇雪組公演「シルバー・ローズ・クロニクル」@梅田芸術劇場・シアタードラマシティを観た »

October 03, 2007

仮面ライダー電王35話、1体の着ぐるみで3体の怪人を表現で思い出される怪人

 「テツワン探偵ロボタック」のモグラートを思い出させるモールイマジンが登場。3体の違いは、ライダーマンのカセットアームやスーパー1のファイブハンドというよりは、「星雲仮面マシンマン」の敵アンドロイドのの実質腕につけているものが違うだけ(2つの時期で頭の飾りを少し変えていましたが)で、ドリル男などの「○○男」の名称が異なるのを思い出させます。
 さらに古く、ショッカー怪人のシードラゴン。1世、2世、3世(数字の部分はローマ数字)と順番に登場させて1号ライダーに順番に倒される設定。着ぐるみは同じで、右腕のパーツを取り替えただけ。当時の映像技術で無理矢理3体を動じ登場させると画面上の切れ目がもろにわかりますからねえ。CGや合成技術の進歩のおかげで3体同時登場できるんですな。

 3体同時登場の本当の理由は、声優さんの電王出演希望殺到(?)なのかも。かつてライダー怪人の声を当てていたのはテアトルエコーのメンバー。その後輩である多田野耀平さんや落合弘治さんがイマジンの声で登場済みですが、響鬼で顔出し出演された山下啓介さんや沢りつおさんにも登場して欲しいし、なぜかライダーには出演歴のない太田淑子さんや丸山裕子さん、大御所・熊倉一雄さんにも登場して欲しいですねえ。

 コハナが使うハリセン。「大阪名物ハリセンチョップ」とチャンバラトリオさんのネタを炸裂させたらおもしろかったのですが。

 契約者・山口の本当の願いである「のど自慢で勝つこと」からすると、次回は、「Double Action」の「のど自慢大会バージョン」が登場するのかも。

 

|

« 水口っつあん、ご苦労様。いや、これからが腕の見せ所。 | Main | 20071008宝塚歌劇雪組公演「シルバー・ローズ・クロニクル」@梅田芸術劇場・シアタードラマシティを観た »

仮面ライダー」カテゴリの記事

仮面ライダー電王」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/16645478

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー電王35話、1体の着ぐるみで3体の怪人を表現で思い出される怪人:

» 電王 #35「悲劇の復活カード・ゼロ」レビュー [俺の浪漫]
仮面ライダー電王 第35話「悲劇の復活カード・ゼロ」の見所を熱いまなざしで徹底分析!■おいウラタロス、若干紅が入ってないか?良太郎に生け花を指南することによって、女性の口説き方を伝授するウラタロスですが、若干紅が入って、しかも岩下志麻風のライトがあたってます。...... [Read More]

Tracked on October 04, 2007 at 11:33

« 水口っつあん、ご苦労様。いや、これからが腕の見せ所。 | Main | 20071008宝塚歌劇雪組公演「シルバー・ローズ・クロニクル」@梅田芸術劇場・シアタードラマシティを観た »