« 稲尾和久さん死去 | Main | DVD&HDDビデオレコーダーの消耗する意外な?というより当然な部分 »

November 17, 2007

宝塚歌劇星組大劇場公演「エル・アルコン―鷹―」/「レビュー・オルキス―蘭の星―」を観に行く

 ミュージカルから。

 青池保子さん作の漫画「七つの海・七つの空」はキャプテン・レッドが主役で、悪役のティリアンが主役を食うほどの活躍だったため、後にティリアンの生い立ちから描いたのが「エル・アルコン―鷹―」なのだそうだ。
 トップ安蘭けいさんが演じるのはティリアンで、キャプテン・レッドは二番手・柚希礼音さんが演じている。

 原作漫画のファンの人が、見に来る可能性は大である。

 最初は、タイトルおよび波の動画がバックに映し出されるのが、2階席では見づらい面はある。

 確かにティリアンはどう考えても悪役。それを安蘭けいさんが魅力を見せて演じている。

 船上セットはコストも手間もかなりかかったのではないかと思う。基本的には1隻分で、スペイン艦隊が近づいたときのもう1隻分が高いデッキ状態で用意されているだけ。

 海賊とはいっても、麦わら帽子をかぶったのとか、喋るトナカイの子供は登場しません。


 ショー

 百年経過したという老カップルが、地球そのものなのか全く別世界のせっていなのか「蘭の星」を思い浮かべる設定(なのかな?)。

 今回のロケットの人数は強烈に多かったはず。新入団お披露目は50人(以下)だから、それよりいくらか人数が多かったはず。 

 

|

« 稲尾和久さん死去 | Main | DVD&HDDビデオレコーダーの消耗する意外な?というより当然な部分 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/17102496

Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇星組大劇場公演「エル・アルコン―鷹―」/「レビュー・オルキス―蘭の星―」を観に行く:

« 稲尾和久さん死去 | Main | DVD&HDDビデオレコーダーの消耗する意外な?というより当然な部分 »