« 仮面ライダーキバ7話・連続テレビ小説ヒロインの夫2人目 | Main | 20080312日本生命対サーパス@日本生命千里山グラウンド »

March 11, 2008

宝塚歌劇花組バウホール公演「蒼いくちづけ」を役代わり2パターンとも観に行った

 1987年に星組が公演。主役はシメさんこと紫苑ゆうさんだったとか。

 第1幕は1887年ということは変わらないが、第2幕は初演当時の1987年ではなく2008年に変わった。

 第1幕では城の中のコウモリ(のコスチューム)の仮面はバットマン風。これなら特撮物で有名な作品も宝塚で上演できるのでは?と期待(妄想)できる。
 一家を手下にしてしまうが、セーラー服の男の子が入っているのは、「仮面ライダーキバ」のバッシャー人間体と被っているのが興味深い。

 第2幕でのドラキュラ自身がコンテストに乱入出場する場面、紫の衣装のためと髪型のためか、真野すがたさん主演の時は、まさにシメさんを思い出した。ただし、朝夏まなと(あさか・まなと)さんのときは髪型が異なる。

 ドラキュラの立場が、1,2幕それぞれで「悪役」,「正義の味方」と変わってしまうのもおもしろかった。

|

« 仮面ライダーキバ7話・連続テレビ小説ヒロインの夫2人目 | Main | 20080312日本生命対サーパス@日本生命千里山グラウンド »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/40466710

Listed below are links to weblogs that reference 宝塚歌劇花組バウホール公演「蒼いくちづけ」を役代わり2パターンとも観に行った:

« 仮面ライダーキバ7話・連続テレビ小説ヒロインの夫2人目 | Main | 20080312日本生命対サーパス@日本生命千里山グラウンド »