« 福岡天神の「みうら」でラーメンと一口餃子を食べる | Main | ついに辰五郎もチェンジ、「暴れん坊将軍」 »

December 10, 2008

土壇場正式発表の2008年12月12日阪急バス豊中市内線他ダイヤ改正の中身やら停留所名変更にアレレ?

 年末臨時バス(金曜日深夜)の運転日及び内容発表で、定期バスの時刻やら系統番号が違う!と気づき大幅か小規模かはともかく何らかの動きはあるのは読めた。でも発表が土壇場すぎだ。

 桜井谷経由系統に終バス延長やら深夜バス(運賃倍額)があるのは朗報。何せ金曜晩は特にだが豊中駅発の終バスに乗り切れない場合があった。千里中央発の方の同じような感じだ。かなり苦情・要望があったはずだ。ただし、平日昼間などは千里中央発着に統一されるものの1時間6本は、突発的な乗客増(中学高校のクラブの試合や高校入試関連日)に対応できるか疑問?。

 豊中駅を挟んで系統番号が切り替わるのもビックリ。おそらく全国初か?。本来往復で同じ系統でも、数字が違う上に(出発時の系統番号で既に完全に区別できているはずだが)、豊中駅までは違う経路でも豊中らからは同じ経路で同じ行き先になると同じ系統番号に切り替わるのだ。しかしLED方式にしろ幕にしろ、どんな表示になるのやら?。出発時は2つの系統番号を併記か?。さて???。
 現39番系統が26年の歴史に幕を下ろす。実際に乗客は少なくなっていたようだが、大阪モノレールがカバーしにくいところに停留所が設定されているだけにアピール度の不足が原因なのではないか?。現36系統の経路変えがあるため、上野口~千里中央の大阪中央環状線経由部分のみ消滅することになる。逆に復活するのは、北緑丘団地~野畑小学校前の部分。1982年の改変で消えた「千里中央→島熊山→柴原→通信隊前→野畑小学校前→上野口→千里中央」の系統と、「千里中央→北緑丘小学校前→北緑丘団地→野畑小学校前→上野口→千里中央」の系統以来となる。触れられていないがルーツは阪北線の「梅田~豊中~上野小学校前→上野坂→島熊山→東豊中団地前→上野小学校前→・・・」の14系統が消える。

 桂駐屯地への集約後、「豊中自衛隊跡前」と揶揄しそうだった「豊中自衛隊前」もやっと「永楽荘四丁目」に変更。なのに「永楽荘」は「野畑住宅前」に変更だ。バス停そばの崖下の千里川付け替え跡の高層団地のことだが、その名称よりは「永楽荘三丁目」の方がよいはずだ。「柴原口」の名称はやめて変更した方がよいはずだし、実際の地名(住居表示)と異なる東豊中五丁目や西町三丁目なども変更がない。また市場前も2カ所に分かれているので、適切な名称にそれぞれ変更して欲しかったところ。


  
 

 

 

 

 

 

 

|

« 福岡天神の「みうら」でラーメンと一口餃子を食べる | Main | ついに辰五郎もチェンジ、「暴れん坊将軍」 »

バス」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/43372961

Listed below are links to weblogs that reference 土壇場正式発表の2008年12月12日阪急バス豊中市内線他ダイヤ改正の中身やら停留所名変更にアレレ?:

« 福岡天神の「みうら」でラーメンと一口餃子を食べる | Main | ついに辰五郎もチェンジ、「暴れん坊将軍」 »