« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

June 29, 2009

気になるオリンパスE-P1についてアレコレ

 オリンパスPENシリーズの伝統を受け継ぐデジタルカメラ。

 家にあるPENシリーズは、PEN EEのハーフサイズフィルムカメラだ。晴天下なら電池無し(というより電池なしのまま!)で自動露出でシャッター速度と絞りが自動設定されえシャッターレリーズできる。光量不足だとファイだ-に赤いマークが押し出されてシャッターがロックされる。等々、

 
 本来のレンズ交換タイプのPENは未使用。


 E-P1はマイクロフォーサーズ規格の交換レンズ対応だが、やっとこさなのか満を持してなのかオリンパスイメージングがやっと出した。パナソニックの方が先に対応機を既に2世代出しているからだ。

 接眼タイプのファインダーがなく、通常じゃ背面の液晶画面で確認するのだから、大きいレンズの装着は、三脚に取り付け状態での限定か?。17mmレンズ専用の光学ファインダーが用意されているが、レンズとの画角差が生じる、否、画角差を楽しめる(?)とも解釈できよう。ズーム式の光学ビューファインダーがあればいいのに(?)と思ったら、むしろ外付けの接眼式液晶ファインダーの方が実現性が高そうだ。もしや次期モデルで採用内定済み?。

 フラッシュを標準装備していないのも、ある種PENシリーズの再現か。前述の光学ファインダーとは併用できない。

 で、ヨドバシ梅田で見本機があったがレンズがない。メモリーカードはSDになっているのを生確認。他のオリンパスイメージングのデジタルカメラのメモリーカードがこれからどうなるかにも影響するがいかに?。

| | TrackBack (0)

June 28, 2009

宝塚歌劇星組大劇場公演「太王四神記Ⅱ」を観に行く

 雪組から異動して2番手に抜擢の凰稀かなめの練習時の右足小指骨折。「稽古で折った♪小指が痛い♪」って替え歌はともかく、代役発表やらあったが、フィナーレの一部を休む(代役無し)で公演開始からの復帰となった。一部お休みバージョンを観るのは今の内か???。

 花組公演とのバージョン違いは、演出が細かく変更になっているのだが、花組観劇は1回のみなので、どうだったっけ??。

 阪急交通社の貸切公演残席販売で観劇。幕間すぐの抽選会もあるが当選ならず。

 評価を高く付けられるのは、”とよこ”こと涼紫央さんだとおもう。

 終演後のトークショーでは、阪急交通社のイメージキャラクターはに夢咲ねねさんが就任し得いることに触れられていた。こちらの先代は雪組娘役トップだった白羽ゆりさんだった。

 プログラムの生徒写真で、NPBのDNA3名は入団3~1年目ということもあるが、ページの境目を挟んで左右と同じページで上下になって隣接している。

| | TrackBack (0)

June 21, 2009

20090607パ・セ交流戦広島東洋カープ対オリックス・バファローズ@マツダZoomZoomスタジアムを観戦

  2008年時点でのNPB12球団本拠地制覇も、2009年時点分では1箇所変わる。広島市民球場が初代から2代目に切り替わった。

 今のところはJR広島駅から歩くのが大部分だが、それを当てにしてJR広島駅南側に臨時の出店がある。初代の方が広島市の中心地に近く、百貨店などはそれに集中している。球場移転の経済正負両方の効果はどうなんだろう。

 人の流れに乗って”そのまんま”JRに沿って行かず、ビックカメラベスト広島店側の道を行く。球場の南側もみたかったからだ。駅からJR沿いルートはスロープだが、コチラはいったん階段を上がらなければいけない。かうての西宮球場のように低いトコロからスタンドに入れるようにして欲しかったが。たぶんエレベータとかはあるはずだが設備を細かくチェックできなかったのであしからず。

 バックネットそばのダグアウト上ネットは取り付けられている。この部分を飛ぶファールボールは危険だからか。
 3塁側指定席に座っての光景は、メジャーリーグの球場風。外野のレフト部分のスタンドが狭く、フェアグランド部分もその部分狭くなっている左右非対称なグラウンドもメジャーリーグ風。

 始球式に出てきたのは、カープのキャンプ地・日南市にちなんで”そのまんま東”もとい東国原英夫・宮崎県知事が登場した。球審は4年前の仰木監督(当時)との44分間の中断で名前を売った土山さん。
20090607higashikokubaru_2


 この球場のプレーする側の難点は、外野手が太陽光線でボールを見失いがちだということ。ビジターであるバファローズもさることながら、カープ側でも見受けられた。慣れたらよいという精神論だけでなく具体的に対策処置はいるはずだ。

 試合はマクレーンのソロでカープが先制し(マクレーンのHRを生で観るのはいつ以来か?)、当てにならない<爆>フェルナンデスのタイムリーで同点に追い浮くも、すぐさまカープの先発「ハンカチ王子ではないサイトウユウキ」にヒットを許してからは平野が崩れぼろ負け。弱々しい新デザインのビジターユニフォームだけでなく佐々木治氏がチーフコーチに就任して投手陣が総崩れなのはなぜ?。また、ローズ・カブレラ・後藤・・・と故障者続出も、逆に考えれば大チャンスだ。それとも空回りか?。

20090607hiranoyoshihisa
打席に立つ平野。第2打席では「松永の応援曲」が

 

 


 

| | TrackBack (0)

June 20, 2009

ギャグで「○○の世界」で考えた人がいるが、その内の一つが実現。ディケイドにシンケンジャー

仮面ライダー 他のヒーロー戦隊とコラボ!

 ジャッカー電撃隊対秘密戦隊ゴレンジャーの劇中では、競演ではないものの仮面ライダーV3とカメンライダーアマゾンとキカイダーが海外で戦ってい旨の説明がある。以後の作品内容から、仮面ライダー1号からJの世界尾スーパー戦隊の世界さらにはキカイダーの世界が同じということになる。

 24,25話の世界は、シンケンジャー(というかスーパー戦隊)の世界なのか、別の世界なのか。予想外の敵って、巨大サイズが予想できそうなので、フォッグマザーとか」岩石大首領とかネオショッカー大首領が出てくるのかも?。

 脚本は靖子にゃん?。

| | TrackBack (0)

宝塚歌劇月組大劇場公演「エリザベート」を観劇した(遼河ルドルフ)。客席からぼよよーん!。

 役替わりパターンの残り1パターンだ。遼河ルドルフは、感情移入の歌唱がうまい。

 さて第2幕直後のルキーニアドリブ。「そこの美人・・・いや、かつみ・さゆりのさゆりさんじゃないですか」。
 夫婦揃ってスポットライトを浴び、しっかり後ろを振り向き、シャッターチャンスでは「ぼよよょーん!」。終演後の改札外でも写真撮影の大サービス!

さゆりのギャル40日記 ★やったぁ~宝塚★

| | TrackBack (0)

宝塚歌劇月組大劇場公演「エリザベート」を観劇した(青樹ルドルフ)

 役替わり該当3名の内、3役をこなす青樹泉。ルドルフ役は声量はあるが揺れ気味だったか?。
 青き泉のルドルフが銃で自らを黄色い泉の国へ旅立たせたことになる。

 第2幕すぐのルキーニのアドリブは、新型インフルエンザについての沈静化(ホノか?)のあとだけにマスクねたではなく、ターゲットにしたお客さんの服のデザインだった。「そこの白と黒の・・・」というのだった。

| | TrackBack (0)

June 10, 2009

宝塚歌劇星組はNPBのDNAが3名に

第95期初舞台生 組配属について

 5月20日の95期生の組配属発表。もしやの予測が的中!。中日ドラゴンズ→阪神タイガース→中日ドラゴンズのプレイヤーだった大豊泰昭さんの娘である、ひろ香祐さんは星組所属に。阪急ブレーブス・オリックスブレーブス・オリックスブルーウェーブ→阪神タイガースの投手だった山沖之彦さんの娘・芹香斗亜さん、読売ジャイアンツ内野手→広島東洋カープコーチ→ヤクルトスワローズコーチ,監督→西武ライオンズ監督→千葉ロッテマリーンズGMだった廣岡達朗さんの孫娘・麻央侑希さんと合わせNPBのDNAが3名に。

| | TrackBack (1)

June 05, 2009

6月4日OA「クイズ!時の扉」の出題内容に唖然

 「東京」か「大阪」かを答えてもらう問題があったが、その内「阪神タイガースの帽子」の画像が出るものがあったが、「大阪」という正答のつもりは大間違い。兵庫県西宮市のチームですぞ。

 わずかであっても既に苦情がTBSに寄せられているはず。

| | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »