« 本当は同じ制作会社・テレビ局の作品でやってほしい作品があるが、「相棒」が宝塚の舞台へ | Main | ディケイドでは2週連続ABC本家朝日放送エリアの悲劇。細かく「○○の世界」を »

August 15, 2009

「テイーチャーズ」@梅田芸術劇場シアタードラマシティーを観劇した

 再演だが、今回の制作に梅田芸術劇場がはいっているため、それらしきキャストがあり。

 お目当ては、花組版「アーネスト・イン・ラブ」@日生劇場での主演以来の生観劇の樹里咲穂さん。そして永遠のヒーロー役者・宮内洋。

 主演は、10年前の生徒の自殺から立ち直っていく教員役でモト冬樹さん。最初に、ギター演奏を見せてくれるのは、ビージーフォー時代を思い出させる。

 爆弾騒ぎであたふたする職員室の状況を追っていく。同僚教師が立ち直らせるために一芝居打ったのだった。

 最後の挨拶で、最年少は教員役の一人”ボウケンブラック”齋藤ヤスカさんの一言の中に「年配」がり、宮内洋さんとモト冬樹さんが反応する場面も。

 モト冬樹さんが、観客席にいた結婚相手を紹介したトコロは、イキだった。
 

|

« 本当は同じ制作会社・テレビ局の作品でやってほしい作品があるが、「相棒」が宝塚の舞台へ | Main | ディケイドでは2週連続ABC本家朝日放送エリアの悲劇。細かく「○○の世界」を »

仮面ライダー」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/45934945

Listed below are links to weblogs that reference 「テイーチャーズ」@梅田芸術劇場シアタードラマシティーを観劇した:

« 本当は同じ制作会社・テレビ局の作品でやってほしい作品があるが、「相棒」が宝塚の舞台へ | Main | ディケイドでは2週連続ABC本家朝日放送エリアの悲劇。細かく「○○の世界」を »