« 仮面ライダーW第1話を視て考察というか妄想というか | Main | 仮面ライダーW第3話・フィリップの謎も徐々に出してきた »

September 19, 2009

20090821宝塚歌劇宙組公演「逆転裁判2」@宝塚バウホールを観た

 今回もゲーム好きな方の観客が多く見受けられる。

 しばらくしてからのオープニング映像には第1作のモノクロ画面もあり、今回は博多座メンバーでコチラではないスッシー組長もしっかりあった。

 主役を含め5役は前作から引き続きだが、七帆ひかるさんが退団したため悠未ひろさんがライバル検事に。「子が替わったな」おいうギャグは無かったが「よくしゃべるようになったな」というキャスト変えねたはあり。

 毒殺ということで小学校での恩師が容疑者だったが弁護を引き受け、裁判でのやりとりの中で真犯人が判明する。それも第1幕終了前・・という「えっ?」という展開。

 だが真犯人がウラで助手の誘拐の手回しをしするなど、今度は真犯人の弁護。しかも毒殺でないことを証明してしまい(?)、絶体絶命のフェニックスライトだが、毒を飲んだことではなく被害者の持病の心臓の薬を飲ませなかったことが直接の死因であることを証明するとい見事な展開。

 証拠の品である薬入れのペンダントが、かつて被害者が真犯人の父から借金のカタに無理矢理奪ったという背景もナイス。

|

« 仮面ライダーW第1話を視て考察というか妄想というか | Main | 仮面ライダーW第3話・フィリップの謎も徐々に出してきた »

「ゲーム」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/46254991

Listed below are links to weblogs that reference 20090821宝塚歌劇宙組公演「逆転裁判2」@宝塚バウホールを観た:

« 仮面ライダーW第1話を視て考察というか妄想というか | Main | 仮面ライダーW第3話・フィリップの謎も徐々に出してきた »