« MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで | Main | 何故か関西に来ないゴッホ展を観に、九州国立博物館へ »

December 30, 2010

ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ

 12月30日時点では、上新電機のサイトには未掲載。

 ポイントカード会員の内、何らかの条件(直近の基準期間で購入履歴があるとかで?)に合う人宛にハガキが送られてきたはず。

 2001年11月のヨドバシカメラマルチメディア梅田のオープン後、かなり危ないと思ったが9年間持ちこたえたのだ。実際、それ以前はディスクピア部分は金曜晩だとレジ待ちの列の列が長かったのを思い出す。5年前のヌー茶屋町オープンつまりタワーレコードの茶屋町進出もマイナス要因だったか?。
 むしろ向かいのキディランドが危ないかと思ったが、特定のキャラクター別のショップ状態に切り替えを続けており、効果が出ているようだ。

 元々は1990年の三番街大改装工事以前は、現在のキディランドあたりにあった(他の店舗も配置換えされている)。大改装前の三番街はエリアごとに「○○のまち」と名付けられており、北館地下1階は「おもちゃと電化のまち」だった。その「電化」の部分が消えてしまうのだ。

 大改装後はXcitやらpitoneやらの上新電機の店舗パターンの名称を変えたが、どちらも上新電機全般でも使わなくなった。そもそもXcitはカメラ販売進出の際、ヨドバシカメラと提携して始めたもの(もちろん提携はかなり前に解消)。
 Xcit名称使用時期からのカメラ販売で、従来三番街に他に3店在ったカメラ販売店の存在を近年は唯一守ってきたが、ついに三番街からカメラ販売店が消える。

 阪急宝塚線の駅直近での通常形態の上新電機店舗が消える。

 閉店セールは1月7日から。
 

|

« MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで | Main | 何故か関西に来ないゴッホ展を観に、九州国立博物館へ »

家電販売店」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/50440004

Listed below are links to weblogs that reference ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ:

« MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで | Main | 何故か関西に来ないゴッホ展を観に、九州国立博物館へ »