« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

December 30, 2010

ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ

 12月30日時点では、上新電機のサイトには未掲載。

 ポイントカード会員の内、何らかの条件(直近の基準期間で購入履歴があるとかで?)に合う人宛にハガキが送られてきたはず。

 2001年11月のヨドバシカメラマルチメディア梅田のオープン後、かなり危ないと思ったが9年間持ちこたえたのだ。実際、それ以前はディスクピア部分は金曜晩だとレジ待ちの列の列が長かったのを思い出す。5年前のヌー茶屋町オープンつまりタワーレコードの茶屋町進出もマイナス要因だったか?。
 むしろ向かいのキディランドが危ないかと思ったが、特定のキャラクター別のショップ状態に切り替えを続けており、効果が出ているようだ。

 元々は1990年の三番街大改装工事以前は、現在のキディランドあたりにあった(他の店舗も配置換えされている)。大改装前の三番街はエリアごとに「○○のまち」と名付けられており、北館地下1階は「おもちゃと電化のまち」だった。その「電化」の部分が消えてしまうのだ。

 大改装後はXcitやらpitoneやらの上新電機の店舗パターンの名称を変えたが、どちらも上新電機全般でも使わなくなった。そもそもXcitはカメラ販売進出の際、ヨドバシカメラと提携して始めたもの(もちろん提携はかなり前に解消)。
 Xcit名称使用時期からのカメラ販売で、従来三番街に他に3店在ったカメラ販売店の存在を近年は唯一守ってきたが、ついに三番街からカメラ販売店が消える。

 阪急宝塚線の駅直近での通常形態の上新電機店舗が消える。

 閉店セールは1月7日から。
 

| | TrackBack (0)

December 26, 2010

MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで

 シアタードラマシティ観劇後に行ってみた。

 基本フォーマットはジュンク堂の難波店以降のものと同じ。専門書籍の揃い方は、強烈。レジが1階だけに集中配置されている。そのため、1階には買うのを取りやめた本を置く場所がある。バーゲンブックのコーナーは無さそう。

 文具は神戸の文具専門店。ナガサワ文具店が担当。

 PCソフトの解説書で、古いバージョンのものに対応したものが必要に迫られることがあるはだが、バーゲンブックに出回っているものもあるが、その中のごく一部のものだけだ。現時点では極力揃っている。

 さて、やはりこんな誤解が

「丸善書店とジュンク堂書店が合併した」

 店員の名札では、どちらの所属かわからず(担当の書籍・雑誌の分類はある)、過去のNPBの例では大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併する形で存在した「大洋松竹ロビンス」にある。なんと選手の給料はそれぞれの旧所属から支払われたのですから。

| | TrackBack (0)

December 20, 2010

2011.3,12JRダイヤ改正の概要発表で、近畿圏の内容に「ん?」

 東海道・山陽本線や福知山線などは15分サイクルが基本。そして、大阪環状線などは10分ないしは20分サイクルが基本なので、現状の乗り入れは勿論、おおさか東線の本格開業があればどちらかのサイクルに合わせなくてはならない。だが、公共交通機関の有効活用を利用者がしたいと思えるダイヤは、ものすごく欲を言うと、最長間隔で10分だというのは忘れるべからず。

 しかし昼間のダイヤの内容に唖然とする部分がある。

 大阪環状線は、環状運転が15分になると、芦原橋と今宮の利用が不便だ。大正駅の快速停車は「やっと」というのが本音で、京セラドーム大阪の利用抜きでも、元々大正区内への利用客が多く、これまで快速通過だったのが不思議だ。弁天町駅より多い乗車客を横目に通過列車が連続3本という場合もあったのは奇っ怪である。

 阪和線が一番奇っ怪だ。元々普通のみ停車の駅でもかなりの利用客が多いところがあり、区間快速停車&快速通過の駅も同様のところがあり、4両編成は勿論6両編成でも15分サイクルでは捌けないのではないか。昼間の普通を天王寺~鳳にするのは無理があり、和泉府中や熊取あたりへ延長する必要があろう。沿線の学校などと密に連絡をとり昼間に多客状態になるときは即座に増車対応が必須である。また紀州路快速の日根野~和歌山各停化というか「B快速」化はいかがなものか。多客時の柔軟な対応を残した上で普段は2両編成のワンマン車を15分間核で運転してはいかがか。昼間以外も謎の普通列車間引きがあり、快速通過駅利用客の怒りをかっているので、削減よりは増発が必要だ。
 「くろしお」グループの特急3種も「はるか」も特急料金必要の車両と不要の車両を連結運転した方がよいと思う。特急料金不要の車両は「特別快速」を名乗ることになるが。

 

 

| | TrackBack (0)

December 06, 2010

20101205鑑賞と言うよりディジタルカメラの機能チェックとか腕磨き?で神戸ルミナリエへ

 でんでんタウンへ行ってからのため、大阪難波から近鉄車両の普通に、尼崎からは阪神車両の快速急行、三宮から元町は山陽車両の直通特急に乗車。

 並び列が短くなるため、柵の撤去とかがあるが、相変わらず本体よりも、その前のクネクネルートが長い。
 コンパクトすぎるディジタルカメラや携帯電話のカメラ機能での撮影者が多いのはあきまへん。

 混みすぎて土産を買うのがかえって困難。

 ベビーカー利用者がいるのには唖然。他者の迷惑と共に、乗せている子供にとってもきわめて危険。

| | TrackBack (0)

December 03, 2010

四条河原町阪急の閉店を生で

 6回の写真などの展示は、一見の価値。オープニングセレモニーでの宝塚歌劇団生徒。
 阪急ブレーブスの優勝セール。

 でも、年表で「阪急ヴレーブス」はトホホもの。

 

| | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »