« 2011.3,12JRダイヤ改正の概要発表で、近畿圏の内容に「ん?」 | Main | ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ »

December 26, 2010

MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで

 シアタードラマシティ観劇後に行ってみた。

 基本フォーマットはジュンク堂の難波店以降のものと同じ。専門書籍の揃い方は、強烈。レジが1階だけに集中配置されている。そのため、1階には買うのを取りやめた本を置く場所がある。バーゲンブックのコーナーは無さそう。

 文具は神戸の文具専門店。ナガサワ文具店が担当。

 PCソフトの解説書で、古いバージョンのものに対応したものが必要に迫られることがあるはだが、バーゲンブックに出回っているものもあるが、その中のごく一部のものだけだ。現時点では極力揃っている。

 さて、やはりこんな誤解が

「丸善書店とジュンク堂書店が合併した」

 店員の名札では、どちらの所属かわからず(担当の書籍・雑誌の分類はある)、過去のNPBの例では大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併する形で存在した「大洋松竹ロビンス」にある。なんと選手の給料はそれぞれの旧所属から支払われたのですから。

|

« 2011.3,12JRダイヤ改正の概要発表で、近畿圏の内容に「ん?」 | Main | ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/50408967

Listed below are links to weblogs that reference MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店へ実際に足を運んで:

« 2011.3,12JRダイヤ改正の概要発表で、近畿圏の内容に「ん?」 | Main | ついに上新電機阪急三番街店が1月30日限りで閉店へ »