« 思わず相棒ワールドな鬼平スペシャル | Main | さっそく京都マルイへ »

April 18, 2011

20110417東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ3回戦@阪神甲子園球場

 大震災によるクリネックススタジアム宮城の使用不能による球場変更試合をタイガースサイドの協力で実現した球場変更の3連戦の3試合目。
 
 ゴールデンイーグルス主催の試合は2005年8月の1試合のみ当時のネーミングライツのフルキャストスタジアム宮城で生観戦している。春先なら寒さの関係で、オープン戦を関西などで主催試合を行っているが、観戦機会はない。

 この日は阪神電車も混んでいて、チケット購入に少し不安を感じたが、余裕で購入。タイガース主催試合と雰囲気が違うという声がスタンド内で聞こえたが、あまりに騒ぎすぎで、本当に野球を観ているのか?とも思えるタイガースファンの応援スタイルがむしろ12球団の中で浮いているように思える。1割だか5%だったかは、甲子園でのパ・リーグの試合を試しに観に来たタイガースファンのようだった。FMの音楽番組のやりとりのような男女二人による場内アナウンスはゴールデンイーグルス主催試合生観戦初の方には目新し(耳新し?)かったでしょうか。

 売店での飲食物関連は普段のタイガース関連も健在。だからタイガース選手ネタorプロデュースの弁当などは売り切れの心配が軽減された形で購入できる。赤星ラーメンは食べたことはあるが矢野シュークリームは買いそびれた。

 リニューアル後の内野席は意外にも初めてで、旧来よりは座席ピッチはマシになったがマダマダかと思う。

 今年からの表示で、ボール・ストライク・アウトの表示順になったからココもBSOの順、決してオリックス・バファローズ対毎日・大毎・東京・ロッテオリオンズではありません。
 出場メンバーの表示は甲子園ではオープン戦の初期にあるぐらい?のDH表示が珍しい。

 戸村と西の先発で開始。1回裏にジャイアン山﨑の犠飛で先制されるが、なかなかBsサイドが攻めあぐねている。ほぼメンバーが低打率にあえいでいるのも一因。それでも西くんは笑顔笑顔で後続を断つ。
 7回表はゴールデンイーグルス2番手・美馬に押さえられたが、8回表に球が浮いてきたのか揃ってきたのかで連打で片山に交代。ところがかえって打ちやすくなったのかさらに連打で4点をあげ逆転。
 8回裏は平野が抑え、9回裏はヒヤヒヤものの岸田が無失点で抑え、西くんのプロ初勝利となった。

 そうそう7回の風船打ち上げ回収10個で粗品引き替えはやらなかったですね(もっとも仙台でも最近実施していたかどうか知らないが)。

20110417nishuyuukiherointerviewafte
ヒーローインタビュー後に、レフトスタンドそばへ向かう西投手。 

 
 

 

 

 

 

|

« 思わず相棒ワールドな鬼平スペシャル | Main | さっそく京都マルイへ »

「スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

「BW→Bs」カテゴリの記事

「NPB」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/51427558

Listed below are links to weblogs that reference 20110417東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ3回戦@阪神甲子園球場:

« 思わず相棒ワールドな鬼平スペシャル | Main | さっそく京都マルイへ »