« やはり未練たらたら?原監督の背番号は・・・・ | Main | 梅ちゃん先生、カギとなる患者さん役も見逃せない »

June 29, 2012

20120624:1500宝塚歌劇月組公演「ロミオとジュリエット」@宝塚大劇場

 東宝版も合わせれば6回目の観劇。月組のトップと準トップ(特別快速と新快速みたいなもの?)の体制だけに、主役が役替わりになる。同じ月組で急遽再演時の「ミー&マイガール」以来か?。ウタコ(剣幸)さんとカナメ(涼風真世)さんのときだ。

 プログラムの表紙は、まさお単独。

 炭酸せんべいトップスター缶は、まさお単独。でも上半身が映るスタイルで、顔アップでjはない。

 まさロミオ、みりおティボルトは最初の3日間5公演。

 フランス発祥のロック調版の宝塚版は、星組の梅田芸術劇場→博多座公演が最初。但し、月組異動お披露目の、るりかは当時バウ公演チームなので出演していない。

 居た!神父役は当時星組組長だった英真さんだ。

 心配していたのは、新娘役トップの愛希れいかだが、歌その他心配なしか。

 雪組では、くらまが“性転換”して演じていた乳母役だが、美穂姉さんがのびのびと演じてますな。

 フィナーレはるりかが先に登場。

 気になるのはパレードの最後あたりの順番。3番手は、るりかってことか。

 

 

 

|

« やはり未練たらたら?原監督の背番号は・・・・ | Main | 梅ちゃん先生、カギとなる患者さん役も見逃せない »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/55074422

Listed below are links to weblogs that reference 20120624:1500宝塚歌劇月組公演「ロミオとジュリエット」@宝塚大劇場:

« やはり未練たらたら?原監督の背番号は・・・・ | Main | 梅ちゃん先生、カギとなる患者さん役も見逃せない »