« 相棒11、法則は守られたが三重県ではなかった | Main | 仮面ライダーディケイド「ぼくの夏休み」の世界、やはりネタ未回収のままで続きは劇場版というのは無し »

August 20, 2012

仮面ライダーディケイド 「ぼくの夏休み」の世界

 ディケイド/門矢士が主役・青山和也の青年期の役割に。

 いや時間を行き来するSL列車の存在ってデンライナーなどと関連はあるのか。

 レンゲルやザンキも現れていた。

 偽はる菜でゴーオンイエローが現れた。

 ギャレン(リブラかも)まで現れた。

 この世界は、オンドゥル語が公用語かもしれない?


 その間に士の妹・小夜は、9係の世界で睡眠導入剤の運び屋をやらされたり、浪花少年探偵団の世界で、一番下の弟の狂言誘拐をしでかす姉になっていた。

 最終回で、士は鋼鉄の巨人・スーパージャイアンツにカメンライドするのだろうか?

 

|

« 相棒11、法則は守られたが三重県ではなかった | Main | 仮面ライダーディケイド「ぼくの夏休み」の世界、やはりネタ未回収のままで続きは劇場版というのは無し »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/55470986

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダーディケイド 「ぼくの夏休み」の世界:

« 相棒11、法則は守られたが三重県ではなかった | Main | 仮面ライダーディケイド「ぼくの夏休み」の世界、やはりネタ未回収のままで続きは劇場版というのは無し »