« 仮面ライダーディケイド 「ぼくの夏休み」の世界 | Main | A-岡田監督休養 »

September 02, 2012

仮面ライダーディケイド「ぼくの夏休み」の世界、やはりネタ未回収のままで続きは劇場版というのは無し

 リブラ・ゾディアーツがダークネビュラへ飛んだと思いきや、いい人ぶった病院のおぼちゃま。終盤でディケイドに敵対心を燃やすのは、やはりオンドゥル語関係者なのだ。

 栄太は成長後どうなった。

 第1話の謎の老女は、千佳で間違いないはずだが。

 ピアニストのままでスーパージャイアンツにカメンライドということは、「赤い激流」の世界へ行き、杉下右京が義理の息子の役割になって、右京を一流ピアニストに育てるのだ。

 で、「相棒」の世界に行き、警察庁長官として右京に再会。


 牧場の資金とか戸籍はいうまでもなし。

 ふりかえりで「渡る世間は鬼ばかりだったなあ」という台詞が欲しかったですな。

 SL列車の謎とか。

 レンゲルがタイムスリップして2012年に来ているとか。

 

 

|

« 仮面ライダーディケイド 「ぼくの夏休み」の世界 | Main | A-岡田監督休養 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28462/55561668

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダーディケイド「ぼくの夏休み」の世界、やはりネタ未回収のままで続きは劇場版というのは無し:

« 仮面ライダーディケイド 「ぼくの夏休み」の世界 | Main | A-岡田監督休養 »