特撮

July 23, 2015

ウルトラマンX、Xと言えばやはり

 富士の裾野を低空飛行して

 「ウルトラマーン、エークスゥ」


 水木一郎アニキの雄叫び

「ユナイト!ユナイト!ユナイト!♪」

「銀の顔面に、クリーム目

 胸に輝くペケ印。

 ストップ、暴れる怪獣を
 スパークドールズに変える為、
 エクスバイザー作動する
 大空大地と今日も行く
 ウルトラマン X X エクスーッ」

 そして中江真司さんのボーカロイドもしくは物まねで

 ウルトラマンXは
 紫色の球体の敵と
 太陽で戦う内に、実体を失いデータ状態に変わったが、
 大空大地のエクスバイザーに宿り、
 大空大地とユナイトして実体化し、
 必ずしも悪意のない怪獣をスパークドールズ化するのだ


来年の春は「スーパーヒーロー大戦X」で仮面ライダーXとウルトラマンXがメインとか?(妄想)


 

| | TrackBack (0)

March 01, 2012

「相棒」とスーパー戦隊シリーズと

 「特命戦隊ゴーバスターズ」は、特命の部分から「相棒」を連想させるが、黒木タケシ役の榊英雄さんは「相棒」Season3・12話で犯人役。つい先日朝日放送で再放送があった。

 ところが「相棒」世界では、職業が刑事ということで子どもたちに「デカレンジャー」と言われる描写がある。つまり、「スーパー戦隊シリーズ」が放映されている世界なのだ。

 ということは、
「おやおや、黒木タケシ役の俳優さん。亀山くんと一緒に捕まえた予告殺人犯のタクシードライバー・秋山にそっくりですねえ」

過去にさかのぼって

相棒パロディ回のゴーオンジャー第28話を視て
「柏木左京の持つ紅茶カップ、わたしのものと同じですねえ」
「この映っている部屋、まさに特命係の部屋と何もかもが一緒ですね。最近、何者かがこの部屋を偵察したのでしょうか?」
という妄想も出てくる。

そして、その柏木左京役の今井朋彦さんが「相棒」についに登場。オーブルー/三田裕司の合田雅吏さんが登場。


| | TrackBack (0)

February 26, 2012

特命戦隊ゴーバスターズmission1

人間サイズ,巨大サイズの敵が原則的に別個体 エゴス怪人と弟(妹)ロボットと初期を除くデスダーク怪人とデスダークのロボットは着ぐるみの使い回し(一部取り替え)。
 新帝国ギアは別もの。その分ジュウノイドはレギュラー出演。

 巨大な方、メガゾードが着ぐるみの使い回しのようで、メタロイドに合わせた強化オプション(腕など)が、独自部分のよう。「星雲仮面マシンマン」のテンタクルやオクトパスのロボットのパターンか。

人間サイズの敵、メタロイドのネーミング ***ロイド。ん??。
 スーパーヒーロー大戦で、ゴーバスターズ対タイガーロイドの場面があったらどうなる?。メタロイドはバダンのパーフェクトサイボーグの流れを汲むのか?。「タイガーロイド?もしやヴァグラスか?」
 ネーミングパターンの重複はエゴス怪人とゴルゴム怪人で既にあり、しかもどちらにもコウモリ怪人がいる。

声の出演
 チダ・ニックの声の演じ方は、しんちゃんのパパなのか、ケロロのナレーターなのか、ポール森山なのかと思ったら、違うパターンでした。
 ゴリサキ・バナナは「梅干し食べて。すっぱまん」の演じ方も出てくるか。

| | TrackBack (0)

February 21, 2012

特命戦隊ゴーバスターズにツッコミを入れてみよう

 コンピュータの反乱から始まる物語と言うことは、「大鉄人17」を思い出させる。

 役名の桜田は電王シリーズでの野上幸太郎役・桜田通からか?。
 桜田と黒木は丹波哲郎が演じた「アイフル大作戦」→「バーディー大作戦」の桜田正三郎と「キイハンター」黒木鉄也、「Gメン75」黒木哲也を思い出させる。
 桜田と岩崎の組み合わせだと、桜田淳子と岩崎宏美からか?。


 ゴーバスターズの名称から思いついたネタ

桜田「給料が低くってやってなれないなあ」
宇佐見「時期的に春闘だし、賃上げ要求しましょうよ」
岩崎「俺たちは平和を守る立場だから、それは・・・」
桜田「ストライキでもやろうかな・・・」

黒木「ゴーバスターズにストライキは認められていない」
宇佐見「何故ですか」
黒木「ゴーストバスターズから”スト”が抜いてあるからだ!」

| | TrackBack (0)

September 04, 2011

海賊戦隊ゴーカイジャー28話 やっぱり謎散らかしが残った井上脚本

 大邱(テグ)で世界陸上生中継の俳優ではありません。阪神タイガース二軍投手コーチ・藪恵壹ではありません。

 オーズ劇場版ではお庭番で登場して欲しかったなあ。

 という結城凱役で若松俊秀さん登場。幽霊だったらレジェンド大戦に参加したブラックコンドルは誰?。その証しにハカセはブラックコンドルのレンジャーキーを持っているし。かえって謎が散らかされましたなあ。ジェットマンのパクリ元<爆>のガッチャマンの「コンドルのジョー」のようにサイボーグ化で生きているというのが不自然さが避けられたか。

 行動隊長の声は、間違いなく井上指名であろう杉田智和さん。キバット→「キバっていくぜ」→「キバるといえば気合」と連想してキアイドーなんでしょうか。やはり「キバって・・」のアドリブが欲しかった。

| | TrackBack (0)

August 09, 2011

「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」/「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」を、まず3Dで

 ネタバレ注意






 各映画作品予告内でいきなり「3Dメガネをかけてください」の文字が現れたが、「カンフーパンダ2」の予告から3D体制なのだ。でも映画泥棒の著作権啓蒙の部分は2Dのまま。よって出演メンバーによる「3Dメガネをかけてね」はない。

ゴーカイジャー
 撮影順ではゴーカイシルバーはこの作品が最初とか。ニセゴーカイオー(ストーリーの展開で海賊の海賊版とか著作権の侵害というギャグも織り込んである)はニセウルトラセブンやニセジャンボーグAのようなもの。
 則巻千兵衛やエンペラー星人の声のロスダーク。東映実写特撮では内海さん初めてだっけ?。

 ザンギャックもゴッドアイを狙い、幽霊船に降下乗り込みを実行するが幽霊船の突如の進行方向変更で大失敗って、ザンギャックってボーゾックを越えるお笑い組織?。

 過去の戦隊シリーズの的組織の戦闘員が亡霊で登場。メカクローンも亡霊って???。合体後に手柄をとるため内輪もめというところが面白い。

 ゲゲゲの女房のアニメ画像ネコ,マスターシャーフー,磯野波平の声そのまま原点通りで野球仮面登場。日輪仮面アポロン将軍も登場させて波平と2代目マスオの会話をやって欲しかった。ロケ地は大宮公園野球場。チーム名に埼玉を被せて以降の埼玉西武ライオンズが1シーズンに数試合実施しているところ。当方はまだ踏破していない。
 スコアボードに「DHよしこ」ならぬ「DH野球仮面」だけの表示。ゾルダーを9人もとい「DH使用だから10人」引き連れて、一人が「俺は補欠だ」のギャグは再現ならず。
 ゴレンジャーハリケーンのネタがG3プリンセスだったのか。結局惑わされた野球仮面には「日々のくらしに修行あり」が無かった。

 その次はばいきんまんの声のアブレラたち、マーベラスがレッドファルコンに変身して幽霊船操舵室に戻り、のこる4人がデカレンジャーに変身して戦う間にゴッドアイを狙う。手に入れて仲間たちを呼んだら願い事が叶ってゴッドアイは効き目なしの状態に。ばいきんまんはそのまま。まあ亡霊ですし。

 最終決戦は本物とニセのゴーカイオー対決。ニセの方はロスダーク一人で舵取り操縦。よくよく考えるとジャンボーグ9の「ハンドル,各レバーでの操縦」より謎ですな。舵取りだけですぞ。


オーズ 
 ドイツでの墓掘り起こしで、現代の女性の体を乗っ取ってガラがよみがえる。本来のガラの顔は、他の錬金術師と共に仮面で顔が隠されているだけ。

 テレビのチャンネル操作で「暴れん坊将軍」オープニング(1990年放映のスペシャルのもの)が一瞬映る。春の劇場版に続き、菊池俊輔音楽が・・・だけどとりあえずココは一瞬。

 どさくさに紛れて仮面ライダーガールズが映っている。

 「500万円で永久にちょんまげ姿」で、人々の欲望のメダルをため、東京の特定部分が江戸時代と入れ替わったり、恐竜時代と入れ替わったり。

 江戸時代では映司バースが実現。吉宗以外の「暴れん坊将軍」オリジナルメンバーはいない。オリジナルではなくてもお庭番も登場しない。
 吉宗が白馬に乗って登場からのチャンバラは菊池俊輔サウンド。これは感涙・・・。

 メダルをかなり奪われ、タトバコンボのみのオーズに吉宗から献上品のメダルを渡され、ブラカワニコンボに。蛇遣いの笛で鵺ヤミーの蛇部分を操るのはナイスアイディア。

 鵺ヤミーを倒した映司の前に、人々の消滅と引き替えに映司のみの生還をベルを通じて迫るガラ。映司は「家族と一緒なら」と答えたのがミソ。家族が広範囲に解釈しているため、メダルが増え続きすぎてガラの計略は失敗し、元の世界に。駿くんの母をガラから分離し、怪人体のガラと戦うオーズの前に火の球いや柱と共にフォーゼが現れ、ガラにダメージを与え、呼び出しが掛かって如月弦太朗の姿に戻って去る。Wのお披露目は声のみ、オーズは映司の姿でまずお披露目だったが、フォーゼはヒロイン格も通信映像設定ながらお披露目となった。

 オーズに昆虫コアメダルを渡す者。ガラの復活はグリードの存在も危うい。グリードがオーズに加勢してきた。当初グリードがオーズ各コンボになるかと妄想していたがガタキリバ分身を利用しての情報が入ってきたので、グリード無関係と思ったが、アンク所持のメダルはまだ奪われたままなので、グリード加勢(コアメダルを貸す)があったのだ。

 エンディングはストーリーをまとめたデフォルメアニメ。吉宗が馬にのって幕を引く。

 しっかりMOVIE大戦の予告。

 

 

| | TrackBack (0)

June 28, 2011

仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル未発表部分をまだ妄想する

 さんまのからくりTVの常連、本家アニキが石原慎一さんとわれらが宮内洋さんと臨時ユニットで登場。われら宮内さんは番組終盤に「参加ではなく視るもの」と言っていたけど、絶対リベンジ出演しそうだ。
 
 本題に戻ると、お庭番・藪田助八で登場するのか、お庭番役にゆかりのあるライダーというか石ノ森ヒーローが登場しそうだ。主題歌がサンバと発表されたが、公開前の8月3日に仮面ライダーガールズの「仮面ライダーV3」が発売されるのが関連性ありか?と気になる。

 お庭番だけでなく、め組の歴代メンバーとかも気になるが、シリーズ当初によく登場したのは山田朝右衛門。ところが演じた栗塚旭さんが突如、金鳥の「ガラスに虫コナーズ」のCMに主演で登場した。さてさて栗塚さんは登場するのか。

| | TrackBack (0)

June 07, 2011

海賊戦隊ゴーカイジャー、バスコとサリーのネーミング<推測>

こうゆうことかな?

 航海者で有名な人物の一人:バスコ・ダ・ガマ
            ↓
 バスコからタバスコ
            ↓
 タバスコといえば唐辛子
            ↓
 唐辛子といえばハバネロかブート・ジョロキア
            ↓
 ハバネロのネロ(暴君ネロ)は、「仮面ライダーX」のGOD機関のタイガーネロや「超人機メタルダー」のネロス帝国およびゴッドネロスに使われている。
            ↓
 ジョロキアを採用で、決定

 このコンビは、宇宙猿人ゴリとラーみたいなものか。じゃあゴリは惑星Eから追放されているので、バスコはどこぞの星から追放されたのか?。
 
 ラの次はリなので、リー
            ↓
 リーではどうも?。ゴならぬコの次はサ。ただしリの次のルも使うと「サル」「ザル」ではどうも?
            ↓
 サリーに決定?。

 単にサルに発音での「ィー」を付けただけかも?
 魔法使いサリーか岸辺一徳さんのザ・タイガース時代の愛称から?。

| | TrackBack (0)

May 29, 2011

海賊戦隊ゴーカイジャー15話「ライダー大戦もどき」<違>

 ゴーカイシルバーになりそうな?パスコが登場で、ラッパを取り出すから威吹鬼のような音撃を使うかと思った?。

 回想シーンの超ウルトラ大盛りのパスタは、電王名物「オーナーと駅長のチャーハン対決」を思い出させた。

 ところで、6月封切りのタイトルにある199の数の内、残り1名って、TVシリーズもしくはVシネマ版で1回だけのキャラクターと思われるが、

 ジーク 「ゴーゴーファイブ」 白鳥の湖の王子のイマジンにあらず
 ジークジェンヌ 「ゴーゴーファイブ」
 デカブライト「デカレンジャー」
 X1マスク「マスクマン」

 画面に登場しないのがあれば、どのみち物議を醸すのは必至ですが。

 これもか?↓
 ネオジェットマン5名「ジェットマン」
 英雄タイタン 「フラッシュマン」

| | TrackBack (0)

May 25, 2011

やっと映画「阪急電車」を観る@TOHOシネマ梅田

 4月に観ようものなら、平日でも満席の回ありという状態だった。
 1ヶ月経過で落ち着いたのか、大阪ステーションシネマの開業で分散したのか?どうも両方か。

 ストーリーの終わりかけに「この世界も・・・」という表現を使われると、仮面ライダーディケイドの「○○の世界」の一つかと連想してしまう。
 ウルトラマンゼロの世界から、ゼロが憑依する青年ラン、ガオレンジャーの世界から大神月麿が、シンケンジャーの世界から花織ことはが、ディケイドの世界から大ショッカー版地獄大使も。この間、ディケイドに世界を破壊(=「安積班の解散」)されそうになった「ハンチョウの世界」から女性記者が。しかし花織ことは、つまり森田涼花はどこで映っていた?。さらに宝塚歌劇花組・実咲凜音さんはドコに映っていた?。

 親指を立てる「サムズアップ」もあった。クウガの世界なのだ(違)。

 もし、行楽時期臨時運転の宝塚~嵐山(今津線経由)の直通特急に拡大してストーリーを造ったらどうなるかと妄想も。

 そうそう中谷美紀さんは「電車男」,「阪急電車」とくれば後は「仮面ライダー電王」しかない。

 

 

 

| | TrackBack (1)

より以前の記事一覧