仮面ライダー電王

August 28, 2011

花ざかりの君たちへイケメン☆パラダイス2011第8話、ライダーを意識のキャストでフォーゼを先取り 

 ライダーに変身する役3名だけでなく、デンライナーのオーナー役や「おのれディケイド」の鳴滝役も登場のライダー濃さ。

 そしてフォーゼ放送開始1週間前で、佐野泉の父役(2007年版:杉本哲太)にフォーゼの「謎の赤い目の男」役の方が。

 

| | TrackBack (0)

May 17, 2011

仮面ライダーディケイド「ハンチョウの世界」

 ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ4・第6話に、ディケイド主演井上正大さんがメインゲストということで、表題の通りに。

 士:「この世界での俺の役割は、気弱なバーテンダーか」

 響鬼やアギトやリューケンドーの世界でもある(?)。

 士:「オーラが遮っていくつかのCMの世界へ行くぞ!」

 「デジタル1眼カメラのCMの世界」では野上良太郎が現れた!。

 オーズの世界でもある。
 鴻上光生:「世界の破壊者・ディケイド、スバラシィィィ!」
というのはなかった。

 

| | TrackBack (0)

April 05, 2011

20110403まさに40周年の日付、時間帯に「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を鑑賞

 18時20分開始20時05分終了であるから、19時30分からの30分間は、すっぽり入っているのだー!。

 当日の梅田ブルク7では出演者の舞台挨拶があり、掲示ポスターの内1つには、銀色マーカーでサイン入りとなっていた。

 さて本編

 1971年11月11日の時点の矛盾、ブラック将軍はゲルダム団の一員で日本には来ていない。少年仮面ライダー隊は結成されていない。1号、2号は旧デザインで1号はヨーロッパ滞在中。毒トカゲ男やシオマネキングはまーだだよ!。Amigoの看板は下ろして、立花レーシングクラブだよん。ショッカー日本支部はゾル大佐の指揮下。
ブラック将軍は福本清三センセイ。じゃヒビトに変身しないと・・・。

 2度目の過去飛びでのショッカー首領は、オリジナルのゲルショッカー首領が一つ目が素顔で多数の蛇をかぶっていたのが、コチラは一つ目が在る状態に蛇が多数生えている状態だ。仮の姿ではないという設定か。納谷悟朗さんが声を演じているのはいいが発声に無理がきているのか、地声が弟さんである納谷六朗さんといっしょだなあというのが伺える。首領タイプだけでなく銭形のとっつぁーんタイプとかウルトラマンエース・エメラルド星人タイプのスーパーヒーロー声も無理なのか?。
 湖の下にショッカー基地が在る場面はオリジナルの98話と同じだが、オリジナルは浜名湖近辺で、ロープウェイやら遊園地は協力;遠州鉄道グループなんだけどソコまでは再現せずか。
 デンライナーを襲うカメバズーカはベルトはデストロンのまま(いいね)。この場面はV31話で少年仮面ライダー隊旧本部がカメバズーカに破壊される場面を思わせる。

 ジェネラルシャドウはフードがかっこいいバージョンだが表情変化がないのが痛いか。声はオリジナル通り柴田秀勝さんだが、顔出しでR5に装着する役で1回やっているんで、しかも通常のR5そしてR0がライダーサイドにいるというレスキューフォースな世界。ブレイドたちとのトランプ対決は無し。ジャッカー電撃隊も登場しない。
 ジャーク将軍の声はオリジナル通りガマ親分、星一徹。会議での反対声明ではちゃぶ台ならぬテーブルをひっくり返して欲しかった?。今回もジャークミドラには変身せず。
 
 アポロガイスト登場を知ったとき、もしや声はと期待通りのイタミン。相棒ファンも必見!。
 キングダークの内部には呪博士はいるのか?
 
 3人の処刑場所で、実は洗脳を解かれていた1号・2号の登場シーンののち、V3以降のライダーの登場。人々の記憶が彼らの存在をよみがえらせたとオーナーの一言でケリ。シン以降のライダーをリングアナ風に読み上げ、そしてジェネラルシャドウには「ヒーローはライダーだけじゃありませんよ」とキカイダー、キカイダー01、イナズマン、ズバットが立ち向かう。00もビジンダーも出て欲しかったな。「遠い魔の国の改造魔人でデルザー軍団を組織し、あまつさえショッカーの傘下に加わったジェネラルシャドウ!・・」とい台詞がズバットにあったら・・・。

 タマシーコンボで一つ目&蛇の首領を倒す?も大地を吸い取って岩石大首領に変化(本体は「脳+一つ目」ではない気配)。デザインも大きさが異なりますな。しかしさらに駆けつけたバースたちと共に、マシンに乗って空を飛び(揃うと超越した能力を使うのがライダーだ!)、「オールライダーブレイク」。

 しかし演者期待の「M映司」は実現しませんでしたね。

 今度は、がんがんじいとかアクマイザー3とか三超神とかキョーダインとかバイクロッサーとか嵐とか月の輪とかワンセブン・ワンエイトとか「まぼろし・流れ星・バルー」とかも出してくださいね。

| | TrackBack (0)

August 05, 2010

仮面ライダー電王超CD-BOX購入

 実物を見た途端、LD-BOXか?

| | TrackBack (0)

January 12, 2010

やっと「仮面ライダーW&ディケイド2010MOVIE対戦」を鑑賞

 さてさてディケイド最終回の続きだが、ディケイド31話はディエンドがディケイドに向かって銃撃で終了だったのだが、その狭い意味の続きが全然なく、また悪魔化していたのはクウガだったのも何処へかすっとんでいる。ライダーがディケイドに倒されてカードになるってアンデッドじゃん・・あっライダーは不死身でなきゃ。

 夏の劇場版「オールライダー対大ショッカー」を挟んでいるのは不明瞭だが、栄次郎版死神博士がスーパー死神博士として復活なのだから、いずれかの時点に挟まっているのだろう。でも士の妹の存在はカブトの世界で士自身がそのような気がする発言をしているからなあ。テレビ本編で地下水路を歩くシャドームーンのこともあるし。宇宙一迷惑な存在としてよみがえると言って散ったアポロガイストの続きは「相棒season8」へ・・<違>。
 鳴滝がゾル大佐になる(正確には役割に就く?)のは、オリジナルのゾル大佐が初登場回に「滝和也に変装する(滝になる=なる滝?)」にはひっかけてはいないようだ。でも結局、鳴滝の正体というか素性の設定はわからず否「答えはきめてな~い」・・のか。


 怪人としてはメインはドラス=ネオ生命体だが、オリジナルの様に時計のオルゴールの音でおとなしくなる場面はなかった。タックルおよび蜂女のキャストは勿論違いながらの復活だが、口元を出している、目も色つきながら透けて見えるのが共通点だ。妖怪王女の変身であるサタンドールや魔女参謀の変身であるマジョリンガまで登場させても面白かったかな?。士があえて自身を夏海=仮面ライダーキバーラに倒させることで、各世界が復活したことを紅渡から知らされる。それをヒントにBlaclkBirdFlyで写した士の写真と士に対するいろいろな人の記憶で士が復活する。って、記憶で元に戻るって電王世界そのもの。
 デスドーパントはどちらかというとスカル魔スター?。

 デスドーパントと見せかけたダミードーパントとネオ生命体の合体のアルティメットDは、ドラスのZO吸収態を思い出させる。

 平成と言うよりテレ朝ライダー最強フォーム勢揃いでは、電王がライナーフォームではなく超クライマックスフォームに替わられていることに着目。

 Wへのファイナルフォームライド。WのモチーフがマジンガーZの敵キャラクターと妄想させる。それは男女のミイラを半分ずつつけてよみがえらせたもの。

 スカルのカードが翔太郞にに渡されたが、テレビシリーズか有れば次の劇場版(「超・電王&W」?)にスカルが登場するのか?。

 仮面ライダーザボーガーもとい仮面ライダーアクセルに変身する人物の登場だが、ライダー自身がバイクになってどうするねんというツッコミもある。そういえばこの劇場版でもバイクのないライダーがまた出てしまった。

 夏の劇場版のスピンオフに追加妄想!
「陳情!仮面ライダーがんがんじい」
「陳情!仮面ライダーキバーラとにかくマシンを!」
「恐怖!否、大爆笑!鳴滝の正体!」
「ガイアメモリ不思議発見!地球が死神博士を覚えていた」
「Wのモチーフは、やっぱりあしゅら男爵だ!」

  

  

 

 

 

 

| | TrackBack (0)

October 04, 2009

超電王第2弾の先取りか??と妄想させるテレビCM

 ロッテのガムの「Fits」のCMが2パターン放映のままだが、第2弾に変わった。佐藤健くんバージョンで思いついたことで。

 鹿が「まんとくん」に変化するのは、物議を醸した「せんとくん」騒ぎで対抗キャラクターで登場したものの1つだが、一連の中では鹿からの変身では違和感が少ない。「せんとくん」なら違和感があるが、「せんとくん」の後設定の兄「鹿坊」(ろくぼう)だとさらに・・・(自粛)。
 共演者は仮面ライダーWでの鳴海亜樹子役の山本ひかるヤンだが。超電王第2弾はWとの共演と勝手に推測すると、先取りか?。超電王2があっても健くんが出演するかどうかわからぬが。


スペシャルサイト 「Fit's」

 

 

 

| | TrackBack (0)

August 30, 2009

ディケイド32話:劇場版に続きを持ってくるのは良しとしても、現在公開中のオールライダーとの整合性は?

 噂されていた12月の劇場版は本当だったが、てっきりWがメインと予測していたがハズレ。放映&上映期間(?)では結局7ヶ月ではなく10,11ヶ月で決着がうくのか?。

 さてパラレルなのかオールライダーの1つ手前のストーリーなのか。ディケイドとクウガが「見たことがない」ライダーとして「オールライダー太大ショッカー」に登場したWが登場するので、ストーリーの整合性が一番の心配だ。


キバの世界が登場した時点で、オリジナルとリ・イマジネイションの両方存在理由の謎が浮上。

テレビ版でも後ろ姿を見せていたシャドームーン。夏の劇場版につなぐにはコチラももうすこし場面がないとおかしい。

年末劇場版予告で鳴滝が「正体を見せろ!」と迫っているが、士の偽者(?)の正体は?。アポロガイストに匹敵する別の名ライバルキャラのリ・イマジネイション版、例えば謎の紳士タイタン(一つ目タイタンと百目タイタンが同時登場だったりして?)

海東は全てもしくは一部の真相を知っていると仮定すれば、ディエンドライバーを突きつけた時点で終わっているところから察するに、銃を地面か上空に向けて発射し一緒に姿を眩ますところから、12月上映の劇場版は始まる・・・というのが定番なんだけど。

ディケイドとディエンドのカラーはマゼンタとシアン。カラープリンタのインクは勿論カラー印刷の基本3原色だが、ひとつ足りない。イエローなのだが、それだと虎模様になる。響鬼の劇場版には虎モチーフのライダー(西鬼)がいたが。

| | TrackBack (0)

May 24, 2009

仮面ライダーディケイド18話・鬼がそろうならやはりオリジナルの声でモモちゃんが

 流派で3分裂の音撃道。しかし弟子たちがずらっとくっついてくるのが、シンケンジャーの黒子ちゃんたちみたいだと思ったら、幕と言うより旗で囲ったりするのも黒子ちゃんを思い出させる。「和」の世界なのでシンケンジャーをパロった気配。

 カッパ、化け猫、テング・・・これをモチーフにしたロボットが登場しましたなあ「キカイダー01」。今回はどこそこの・・と地名が着かないのか。

 電王の放映開始前後、モモタロスのキャラで響鬼たちと鬼が被るやんと思ったが、今回はそれを逆手にとって、ディエンド召還の形でソードフォーム即モモタロスに変換で登場。斬鬼&威吹鬼をを視て、「鬼だらけで気持ち悪りい」と言わせるところが笑。

 アスムは次回鬼になれるのか。明日鬼とか。ASC*Iみたいだが。

 

| | TrackBack (0)

May 04, 2009

超・仮面ライダー電王&ディケイドを鑑賞した

 ストーリー上ディケイド15話直後の展開だが、上映2日目なので鑑賞順は逆になった。

 今回の劇場版とテレビ版のリンクは、「俺!誕生」の時と異なり、本編での映像重複がないこと。

 声のみ出演の声優起用が気になったが、ゲルニュート役は2名、電王テレビ本編でも敵イマジンの声でゲスト出演した鳥海浩輔さんと檜山修之さんだ。檜山さんはウルフイマジンやケロロのコゴローのようにぶっ飛んだ形ではなく、抑えた感じ。

 ウラ,キン,リュウが憑依する次狼たち3人はガルルなどの姿にはならず。3人で共同生活になった時代はかなりあとの時代のはず(?)だから、彼らも時間の歪みで昭和10年にとんだのか。まあキャッスルドランが元の時代に戻してくれるのかも?。

 ユウ少年が暮らす田舎。石井トミ子さんが演じる祖母の姓が桜井では無いので母方の祖母ということになる。室町時代で出会うトキに母を重ねるのは祖先の可能性大の含み。ユウ少年が「東京坊主」おからかわれるが、「東京ぼん太」じゃありません。
 光写真館でジークを激写する栄次郎。しのやまセンセイ?。

  クチヒコ役の篠井英介さん、やはりの怪演!。史上最年長ライダーの更新はならなかったが。

 モモタロスが士に憑依したままディケイドに変身。赤色じゃないぞと思いきやモモだから桃色なのだ。ディエンドがお邪魔虫で放った3ライダー。色でリュウタロスが王蛇を選び憑依、同様に・・・というよりはディエンドが3色に合わせて王蛇、コーカサス,G3のカードを選んだのか?。

 シルバラの末期の一言は当然あの仮名3文字!。


 戦艦との決戦!。鬼の戦艦の周りにはレールでは無く水面が描かれているトコロがニクイ!。デンライナーが突入時、ミサイルだか魚雷だがを避けるのに、オーナーがレールの分岐をさせて避けるのはスゴイ。

 そうそう「天地人」での出演も記憶に新しい溝口琢矢くんは司令塔的存在でもある良太郎になりきっていたなあ。次作以降も出演なら、是非とも「わしはこんなところにきとうはなかった」のセリフが印象的な子役をゲストで「わしはこんな列車に乗ってよかった」というのも視たい。

 

 

 

 

 
 

| | TrackBack (0)

May 03, 2009

劇場版の前に、「あしたをつかめ」アクション俳優を視て

 4月14日のNHK教育で放映。多種の職業ごとにチャレンジする若手を紹介する番組。ナレーターは「電王」に炎がありましたなあ、ネガタロスの声を演じた、緑川光さん。


 この回は、JAEの伊藤教人さんだ。監督やアクション監督に注意されたり、自分たちで工夫したり。しっかり高岩さんもあこがれの対象として紹介。「プロフェッショナル」に高岩さんが取り上げられないかな?。ん?、仮面ライダーコーカサスの姿が!。

 ゲルニュート役の一人でもあったので、ゲルニュート(龍騎に登場したミラーモンスターだが)の紹介で、「いわゆるショッカーのようなもの」というのにズルッ!。まあ、ショッカーと言えばあの戦闘員たちというイメージが、近年の仮面ライダーをネタにしたコマーシャルなどでイメージを植え付けられているのかか?。「戦闘員を英語でショッカー」と思い込んでいる人、いたりして?。

 劇場版でミミヒコが変身する仮面ライダーシルバラ役に抜擢され、苦労する場面も。シルバラやの末期の言葉って、変身前と変身後の声をえんじるのが柳沢慎吾さんだけに容易に推測できたが、例の仮名3文字であることがココで断定。

 NHKが劇場版を宣伝・・・、恐るべし「電王」!。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧